【必読】クレジットカードの現金化が抱える3つの問題点を正直に話します。

【必読】クレジットカードの現金化が抱える3つの問題点を正直に話します。

クレジットカード現金化は法律的には問題ないものの倫理に反するその理由とは?

バス停に勝手に置かれているイスや、金網に巻き付けてある看板や捨てカンや立て看板、あるいは看板を持っているおっさんやら、最近では新聞や雑誌、インターネットでも見るようになったクレジットカード現金化の広告。

とても身近にあるのでついつい普通にとらえがちですが、実は危険が混ざっていることをご存知でしょうか?

そこで、今回の記事は、このクレジットカード現金化が法律違反とはならない理由。

さらには、クレジットカード現金化に潜む危険性について解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化を利用したいと思っている方、利用しようとは思っていないが知識として知っておきたい方。

知らないよりも知っておいたほうがいい情報ですので、ぜひお読みいただき今後に活用いただければと思います。

クレジットカードの現金化は法律に抵触するような違法行為ではないものの規約違反となる。

まず大前提となることが、クレジットカード現金化はグレーな方法といえることです。

ただクレジットカー現金化自体は取り締まるような法律などはありません。

しかし、ここがグレーと言われる所以なのですが、「カード会社の規約に違反」するということです。

さて、この「カード会社の規約に違反」しているのに「違法ではない」とは一体どういうことなのでしょうか?

何が何やら分からない方も多いと思いますので、ここで詳しく解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化は違法の線引きがあいまいで判断が難しい。

線引きが難しいとはいったいどういうことでしょう?

まずは、あなたの立場、換金店の立場で見てみるとわかりやすいので解説します。

一昔前からある現金化方法として、新幹線の回数券での現金化がありますので、そちらを例にしてみます。

新幹線回数券現金化とは、その名の通り、新幹線の回数券を何らかの方法で現金にする方法です。

方法はいくつかありますが、ここでは割愛させていただきます。

新幹線の回数券を現金化したとしましょう。

この現金化には2つの思惑が考えられます。

まず1つ目は、本当は新幹線を利用しようとしていたが、予定の変更によりやむなく払い戻しなどでお金にするということ。

2つ目は、もともと換金目的での新幹線の回数券現金化です。

これを現金化業者に置き換えてみると

1つ目はクレジットカードで商品券を購入したものの、使わなかったので換金した。

2つ目は、お金を換金する目的で、クレジットカードを使って商品券を購入した。

こう書いてみると、2者の違いは分かりますが、ではクレジット会社から見たらどうなるでしょう。

どちらも、同じ「購入した」という事実だけ。

という風になり、

結局のところ、どちらも目的は分からず「購入した」という事実しか分かりません。

すなわち疑わしい行為を行わない限り、現金化目的での購入は分からないと言ってもいいのです。

クレジットカード発行会社の規約違反になるクレジットカード現金化

クレジットカード保有者の中で、キャッシング枠を設定している場合、枠の範囲内でお金を借りることができます。

これはカードキャッシング、カードローン、キャッシングローンと呼ばれています。

通常、クレジットカードを使ってお金を作る場合は、このカードローン、キャッシングローンを使うという概念になると思います。

このカードキャッシングは、お金を借りることになるので、貸金業法の法律が絡むことになります。

そのため、年収の1/3までしか借りれなかったり、返済能力があるか資質を試される審査があり、得てして当人の満足いく額の枠はまずもらえません。

これは、キャッシング会社が貸した金をとりっぱぐれることの無い様、十分払えるであろう金額しか貸さないためです。

もしキャッシングではなく、ショッピング枠を使って現金を作られてしまうと、返済能力審査をしないので利用した金額を払ってもらえるかどうか判断が出来なくなります。

利用者にとっては便利なものの、カード発行会社にとってはリスクになるため、カード会社はクレジットカードの現金化を禁止しています。

クレジットカード現金化の危険性

ランキング発表などされていない現金化業者を利用すると、犯罪に巻き込まれたり詐欺に合ったりと最悪なことが起こる場合があります。

さて、それはどんな最悪なことでしょうか?

一例を挙げてみます。

クレジットカードの現金化を利用する場合、本人確認として運転免許証やパスポートなどの画像を求められます。

これは、古物商を営むにあたり必須の行為になります。

業者によっては、免許証以外にクレジットカードの表や裏の画像を求められたりします。

さらに、明らかに現金化とは関係ない情報を聞いてくる者もいます。

その様な場合は、とても注意が必要です。

ランキング発表されている様な業者であれば、たとえ不必要な情報を得たとしても厳重に管理して外に出ることはありません。

しかし、怪しい業者だと、個人情報の流出やカード情報の流出、勝手にカードでモノを買われてしまう危険性があります。

公安委員会認定と書いている業者のサイトは被害を受ける可能性が小さくなる。

クレジットカードの現金化を営むには、各都道府県の公安委員会から、古物商許可(中古品売買できる)を得られなければなりません。

現金化=古物商になるので、クレジットカード現金化業者だったら絶対持ってなくてはならないものです。

古物商をアピールすることは現金化業者として当たり前なものの、サギ被害などを受ける可能性が小さくなるので書いてあるだけまだましと思っておきましょう

詐欺被害を被る可能性

悪徳業者を利用してしまうと、多かれ少なかれトラブルに巻き込まれたる可能性が高くなります。

よくあるトラブルが、事前に聞いていた金額より、少ないお金しか振込んでもらえないです

業者よって異なりますが、換金率とは別に振込手数料、現金化手数料、事務手数料、消費税、などの手数料名目を付けている場合があり、換金率は95%でも手数料が引かれ最終的に手にするお金、実質換金率が50%になってしまうこともあります。

つまり、10万円を現金化して9万5000円手にできると思っていたが、後から手数料を付けられ、結局5万円しか振込んでもらえないことになります。

さらに、最も悪質な業者の場合は最悪の結果になります。

それは、1円も振込んでもらえません。

もはや悪質業者を飛び越えて、犯罪詐欺集団です。

ランキング発表されていない業者を利用するなど、クレジットカード現金化業者を正しく利用しないとこのようなトラブルに巻きこまれますので注意しましょう。

クレジットカードの現金化の3つのリスク

上述した被害は、悪質業者が行ってくる外部要因ですが、他にあなた自身の行動、つまり内部要因によるダメージを受ける場合があります。

そのダメージとは、

・リスク1、クレジットカードの利用停止や強制解約
・リスク2、残債の1括返済を請求される。
・リスク3、自己破産、債務整理ができなくなる

リスク1、クレジットカードの利用停止や強制解約

クレジットカード現金化を取り締まる法律はありませんが、クレジットカード発行会社の規約違反となります。

そのため、もしクレジットカード現金化目的が発覚したら、そのカードの使用停止、最悪の結果では強制解約などのペナルティを受けることがあります。

最近もこれから先も、クレジットカードの現金化目的での利用が分かる、AI検知システムの向上により、思いのほか簡単に見つかってしまうでしょう。

例えば、キャッシング枠を使い切った人、または持っていない人、他で借金をしている人が、今まで買ったことのない新幹線の回数券を何枚も購入したら、まずすぐに現金化利用を疑われます。

新幹線回数券の買い取り、人気路線ほど高換金率になります。

例えば東京~大阪間です。

しかしあなたが、北海道や福岡などと言った「東京~大阪間」に住んでいない方だったら。。。

その様な方が、「東京~大阪間」チケットを買うようであれば、とても怪しさ度が上がり、カード会社から現金化利用を疑われるでしょう。

AI性能の向上により、あなたの行動データは、カードを持ったその日から1日も欠かさず監視され統計データとして保存されます。

クレジットカード会社は何億人と言う膨大な統計データをもっており、怪しい行動も当然のごとく記録され続けています。

その怪しい行動パターンにはまってしまったら、すぐにばれてしまいペナルティを受けるでしょう。

リスク2、残債の1括返済を請求される。

クレジットカードの現金化が発覚すると、クレジットカードの利用停止や強制解約を受けることになります。

つまるところクレジットカードを使える権利を失うことになりますので、いま残っている債務の1括返済を求められます。

この1括返済は、現金化で発覚した分だけではありません。

「そのカード全ての残債」となりますので、現金化に利用した分だけでなく、その他のショッピングの返済や、カードキャッシングの毎月にの返済もすべて1括で全額支払わなければならなくなります。

リスク3、自己破産、債務整理ができなくなる

クレジットカードの換金目的で現金化が発覚すると、自己破産の免責がおりなかったり、債務整理をすることが出来なくなることがあります。

最悪のケースでは、借金で困りはて、最後の手段である自己破産が使えなくなることさえあります。

クレジットカードの現金化を利用する場合、事前に知っておきたい3つの問題点

クレジットカードの現金化を利用する前に、覚えておきたい3つの問題点について解説します。

・1つ目、クレジットカードの現金化は、消費者金融の利息と似た手数料がかかります。
・2つ目、消費者金融からお金を作る事ができる可能性がある。
・3つ目、クレジットカードの現金化を利用する人は、一般人と比べて多重債務のリスクが高くなる。

1つ目、クレジットカードの現金化は消費者金融の利息と似た手数料がかかる。

クレジットカードの現金化業者を利用する場合、多くの現金化業者では、実質換金率65%~85%です。

正直に言いますが、いくら換金率が高くとも、手数料(または消費税)が別になっているため、実際に90%越えの現金化を実現することは、お得意様でないかぎりまず不可能です。

現金化は貸金とは全く異なるものの、15%~35%実質かかってしまうことを年利と考え換算すると、少なくない負担がかかると言えましょう。、

ちなみに、キャッシングや消費者金融をりようした、貸金の利息上限は、1年ごとに利息制限20%+遅延損害金上限が20%なります。

2つ目、サラ金を利用できる場合もある

大手の消費者金融でお金を借りれなくとも、ヤミ金まで行かないサラ金があったりします。

大手で断られてしまったとしても、サラ金はより柔軟にかんたんにお金を貸しています。

年利20%以下で安全にお金を作れるサラ金も存在します。

3つ目、クレジットカードの現金化を利用する人は、一般人と比べて多重債務のリスクが高くなる

クレジットカードの現金化を利用する方の中には、本来お金の貸し借りで使うキャッシング枠を使い切ってしまった人や、そもそもキャッシング枠が無い人などお金を作る方法が限られた方がいます。

消費者金融は利用したくないからクレジットカード現金化をするのならいいですが、他にも借金があり返済計画を建てられない状態でのクレジットカード現金化は、多重債務のリスクを高めてしまうのでより慎重になる必要があります。

以上、クレジットカード現金化に潜むリスクを解説しましが如何でしたでしょうか?

最後に

クレジットカード現金化は使い方によって便利にも危険にもなり得るので、利用の際にはこのことを頭に入れ賢く利用することをお勧めします。

賢く利用すれば、今を乗り切る手段の一つとして大いに役立つものと思います。

「すぐにでも利用したい!」

「でも、どこにしたらいいか分からないし心配!」

そう思っていたら、はじめての方でも、経験者の方でも満足いただける、特別キャンペーンを適用して最も高い換金率を実現する、お得な現金化をご体験することをオススメいたします。

さらに、サービスの質は元より口コミ評価の高い優良業者を利用すれば、心配することなく安心して安全に利用することができるでしょう。

最高換金率で現金化したい場合や、どこよりもお得になる特別キャンペーンを適用したい場合は、下記ご紹介する人気ランキングのリンクをクリックしてください。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/46

新着・更新記事ベスト10

今すぐ読みたい人気ランキング

クレジットカード現金化記事ランキング

クレジットカードニュースの数ある記事のうち最も読まれている人気カード現金化記事を発表

数ある中から最も読まれている総合ランキングを大公開!

ショッピング枠現金化は、あなたの悩みに即時振込、即時現金化で即効アプローチ!

カード現金化特集コンテンツ

数ある記事の中から記者がイチ押す記事。

クレジットカード現金化ニュース」のトップコンテンツです。

クレジットカード現金化やショッピング枠現金化にまつわる、細かいテクニックや「あっ」と驚く方法を見つけて紹介する編集者オススメ記事です。

クレジットカード現金化ニュースの全記事からピックアップ!

カテゴリ別オススメ記事

下のカテゴリボタンをタップするとカテゴリごとにタブが切り替わります。

読んでおきたい記事

その他読んでおけば尚安心なコンテンツ

よければシェア・フォローお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ(*^▽^*)

Feedly|follow us in feedly RSSやATOMフィードはこちら
クレジットカード現金化専門店の換金クレジット
クレジットカード即日現金化専門店のあんしんクレジット