法人用クレジットカードは500万でも1000万円でも現金化できます

法人用クレジットカードは500万でも1000万円でも現金化できます

法人カードをお持ちの方は必見!

法人用クレジットカードを使った現金化というサービスをご存知でしょうか?

このサービスは、「法人クレジットカードのショッピング枠(お買い物枠)を使って、お金を戻す特典付きの特殊商品を購入して現金を得るサービス」になります。

法人用クレジットカードは、個人用クレジットカードより利用できる金額が大きいのが特徴ですので、現金化できる金額もカードの種類によりますが1000万や5000万でも可能だったりします。

法人クレジットカード現金化 を利用される企業はどのような企業?

法人カードを利用した現金化をされた方の一番多い理由は、回転資金(つなぎ資金)をつくるためでした。

利用者の多くは売掛金が多い会社です。

特に多いのが、公共事業案件を主軸とする企業の割合が多いです。

他には、

・会社の事業資金として、新部署の立ち上げ費用としての利用。

社内経費、人件費や下請け業者、外注費のお支払い、取引先から入金されるまでの一時的な運用資金としての利用。

・納税の支払期日までに納税資金の現金が足りない場合など、納付金額の工面しなければならないときの利用。

接待交際費の一時的な支払いでの利用。

など様々な理由で法人様にご利用いただいております。

回転資金つなぎ資金として利用するワケは?

理由をもう少し詳しく聞いてみると、公共事業の場合、不渡りなどのお金が入ってこないことはありません。

しかしお役所の慣例から通常1年6月と12月にまとめて払われることが多いため、半年間は自己資本で会社を運営しなければなりません

そのため公共事業を主軸としている会社は、売掛金(お金を未回収)が多くなります

しかし、会社家賃、光熱費、人件費、営業経費、そのほか経費など毎日確実に出費として払わなければいけないお金は発生しますし、半年後まで待ってもらえません。

銀行融資を受けている会社も多いため、毎月の融資返済金など今後の融資増枠を考えている以上絶対に遅れることはできません。

そう、この毎日毎月絶対支払わなければいけないお金を半年間、立て替えて払わなければならないのです。

ただこれが小さい金額だったらまだやっていけるでしょうが、大きい金額となるとどうなるでしょう。

受注金額が大きければ大きいほど、それに伴う支払いも多くなるのが通常です。

半年先を見据えて、ギリギリで運営している企業も少なくありません。

理想と現実は異なる場合がある

今までは、何とかギリギリで運営できたものの、あるときその流れが少しでも途切れたらどうでしょう。

天災かもしれませんし、事故かもしれませんが万が一何か起きたらです。

ギリギリでやっている会社はひとたまりもないでしょう。

半年先には十分な利益が出ることが約束されているのに、そこに到達する前にお金が尽きてしまい不渡りを出してしまったら、何もかも水の泡になってしまいます。

忍び寄る「黒字倒産」

銀行には、経営状態がひっ迫していることを悟られるわけにはいきません。

もし、知られてしまったら、追加融資はまず無理で、しかも今まで融資されていた分も繰り上げ返済を迫ってきますでしょう。

そうなったら、最悪のパターンとなる「黒字倒産」となってしまうことも十分に可能性があることでしょう。

そのため、銀行には追加融資のお願いはできない上、今まで同様に融資返済をしていかなければなりません。

社員と経営者の考えは全く違います

給料を待ってもらうことはできるでしょうか?

経営者、社長、代表取締役など会社のトップの方はよくお分かりでしょう。

給料を待ってくれる社員などほとんど皆無ということを。

社長は、だれも守ってくれませんが、社員は会社に雇われ守られている身です。

自分の生活を維持するために働いているにすぎません。

自分の生活が切り詰められるくらいなら転職してしまうでしょう。

社長とは違い、会社と心中する気なんか毛頭ありません

会社がどんなにピンチになろうとも、飄々と給料を請求してくる者がほとんどでしょう。

万が一、給料を待ってもらう形にしてしまうと、会社のことなんてどうでもよく、自分の給料を取るためにすぐに労働監督署に駆け込んでいくでしょう。

社長と社員は考え方が根本的に異なります。

社長や会社の理屈や言い訳は、社員には全く届きませんし無意味です。

支払いを待ってくれる者はいません

そのため社員を維持するためには、給料を遅れなく払う必要があります。

社員だけでなく、家賃(テナント料)、光熱費、営業経費、接待交際費、材料費や交通費などその他経費、外注費なども、待ってくれません。

貰う側は払う側のことをか考える前に自分の権利を主張します。

そのため、どれも待ってくれない以上、期日に支払っていかなければなりません。

公共事業など半年後に利益が確定している通期で見ると黒字状態であればなおさらです。

半年、どこかでお金を工面してやりくりすれば、間違いなく利益が乗るのですから何とかしようと思うのが会社経営者として当たり前でしょう。

誰にも知られずお金を作る場合に重宝される法人クレジットカード現金化

月ごとの支払いが迫っているものの、金融機関からお金を借りれない場合など、八方ふさがり状態の時に重宝されるのが「法人クレジットカード現金化 です。

この「法人クレジットカード現金化 を利用すれば、100万円でも300万円でも500万円でも1000万円でもはたまたそれ以上でも、即日、現金を受け取ることができます。

ショッピング枠(お買い物枠)を利用するので借り入れにはなりません

このお金は、「商品を買って特典としてキャッシュバックを受ける仕組みを使用」します。

表面上はお買い物として計上されるので、銀行や消費者金融などから借り入れるお金ではありません。

そのため、借り入れにはならないので、お金をつくったことを銀行や消費者金融など金融機関に知られることはありません。

そうして作ったお金で、半年後までやりくりすることで会社を維持することが可能になります。

倒産を避けるために

会社を経営している方なら売掛金が大きくなればなるほど、回収するまでの間、自己資金放出で運営維持しなけれならない辛さはよくわかる話でしょう。

黒字なのに回転資金を集められないために、人材流出や外注不渡りをしてしまい倒産に追い込まれた企業もたくさんあります

経営者は「黒字なのに...あと1か月耐えれば十分な利益を得られたのに...」そう思いながら、断腸の思いで倒産手続きをしたことでしょう。

法人クレジットカード現金化 を知っておけばいつでもつなぎ資金を作ることができる

もしその時に「法人クレジットカード現金化 を知っていれば倒産に至るようなことはなかったでしょう。

少なくともつなぎ資金として現金を得ることができるのですから。

理由は問わず資金が必要な場合、当日でも現金を作ることができます

この様な悲劇を生まないためにも、どこからも借りれないがどうしても現金をつくらなければならない時があったら「法人クレジットカード現金化 を思い出してください。

一番利用している方が多い理由が、回転資金(つなぎ資金)でしたが、それ以外にもたくさんの方が様々な理由で「法人クレジットカード現金化 を利用しています。

「法人クレジットカード現金化 は、様々な会社のニーズにできる限り応えられるよう、土日祝日営業、即日振込み、銀行が閉まった15時以降でも振込みお金の引き出しが可能です

現金化できる金額は、1万円から1億円以上と少額でも高額でも可能です。

法人クレジットカードを持っていて、なおかつすぐにお金(現金)が必要な方は、理由は問いませんので、ぜひ一度ご相談してみてください。

お客様が安心して利用できるよう、親身になってていねいに説明いたします。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

新着・更新記事ベスト10

今すぐ読みたい人気ランキング

クレジットカード現金化記事ランキング

クレジットカードニュースの数ある記事のうち最も読まれている人気カード現金化記事を発表

数ある中から最も読まれている総合ランキングを大公開!

ショッピング枠現金化は、あなたの悩みに即時振込、即時現金化で即効アプローチ!

カード現金化特集コンテンツ

数ある記事の中から記者がイチ押す記事。

クレジットカード現金化ニュース」のトップコンテンツです。

クレジットカード現金化やショッピング枠現金化にまつわる、細かいテクニックや「あっ」と驚く方法を見つけて紹介する編集者オススメ記事です。

クレジットカード現金化ニュースの全記事からピックアップ!

カテゴリ別オススメ記事

下のカテゴリボタンをタップするとカテゴリごとにタブが切り替わります。

読んでおきたい記事

その他読んでおけば尚安心なコンテンツ

よければシェア・フォローお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ(*^▽^*)

Feedly|follow us in feedly RSSやATOMフィードはこちら
クレジットカード現金化専門店の換金クレジット
クレジットカード即日現金化専門店のあんしんクレジット