alexa

悪徳現金化業者の手口|個人情報を転売したり悪用する

悪徳現金化業者の手口|個人情報を転売したり悪用する

個人情報はとても大事

現金化の業者を利用する際には、当然ですが名前や電話番号など個人情報の一部を伝えることになります。

その理由は、個人情報を確認することにより、他人のクレジットカードを使っていないか、不正利用ではないかなど判別を行い未然に犯罪を防止することで現金化業者の被害を食い止めるためです。

しかし、悪徳現金化業者を利用したクレジットカードの現金化では、提供している個人情報を勝手に利用されてしまう場合があります。

例えば知りもしない業者からの営業電話や、ダイレクトメールなどが大量に送られてくるケース、中には関係のないアダルトや投資しないかと怪しいサービスへの引き込み、最悪闇金融やオレオレ詐欺グループからの犯罪電話がかかってくることです。

そのため現金化業者を利了する際には、その業者がどのような形で個人情報を取り扱っているかが、とても重要なポイントになります。

個人情報の扱いに安心を持たせる現金化業者を

悪質な業者の場合は、得ている個人情報をわざと流出させ売却利益を得ています。

売却された個人情報は、悪質な業者に渡されることになり、ダイレクトメールなどの配送に利用されます。

中には、提携している会社のダイレクトメールを勝手に送ってくるなど、現金化業者が変な広告で迷惑をかけることがあります。

変な広告とは、下記の様な広告になります。

変な広告の一例

  1. 援助交際などの出会いや売春を目的とした広告
  2. 闇金融などの高金利業者からの広告
  3. 詐欺グループによるダマし用の広告

この様な被害を受けないためにも、個人情報の扱いは漏洩流出させないことに加えて、自らもダイレクトメールなどを送ってこない業者を選ぶことが大事です。

現金化業者の比較サイトでは、個人情報の扱いについても記載されることが多いです。

悪質な業者の場合は、変な広告が送られるなどの文章が書かれていますので、文章さえ確認できれば選択肢から除外できます。

現金化後の対応も非常に重要に

クレジットカードの現金化を行った場合には、個人情報を相手業者に渡したまま、契約が完了します。

現金化の業者は、個人情報をクレジットカードの確認作業のためだけに利用して、すぐに廃棄していることが多いです。

ただ、一部の業者が勝手に流用しているなどの問題で、変な電話がかかってくることもあります。

現金化が終わって、クレジットカードの返済を進めている際に、変な電話が入ってくると嫌でしょう。

もしかしたら現金化の業者が勝手に何かしたのではと思いますし、現金化の不安を感じることでしょう。

業者が現金化後も安心を作ってくれるかどうかが重要になります。

信頼できる現金化業者を使おう

多くの人に信頼されていて、現金化の比較サイトでも上位に入っている業者を使ったほうが、現金化の措置は取りやすくなるでしょう。

信頼できる現金化の業者を利用していることで、早く現金化をしてくれることに加えて、個人情報の扱いにも良い対処を行ってくれます。

信頼される業者と契約をしていることが、現金化業者を利用する際の絶対条件です。

現金化は、個人情報が漏洩する可能性もあり得ることで、業者の選択次第では大きな問題となります。

良い業者の情報をネットで得てから、信頼できる現金化を行うようにしましょう。

もし、どこを選べばいいか分からない場合は、下記の業者をご参考ください。

個人情報の取り扱いがしっかりできていることが確認されている専門店ですので安心して利用することができます。

関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/200

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ