驚きの「審査なし」で「使いみち自由のお金を得られる方法」って知ってますか?その話実は本当なんです

驚きの「審査なし」で「使いみち自由のお金を得られる方法」って知ってますか?その話実は本当なんです

キャッシングや融資の審査は厳しくて中々思い通りのお金を借りることはできません

お金を借りたくても、審査が通過できずに借り入れを断られてしまう人もいます。

もし、借り入れを断られてしまったという人は、金利の高い消費者金融などに走るのではなく、審査がいらないクレジットカード現金化というサービスを利用すると良いでしょう

融資には必ず審査が必要になる

借り入れをしたいが、なんかどこか躊躇してしまったり、または借り入れをしたいが貸してくれるところが無い。

と言った悩みを本稿を見ている方の中にもいらっしゃるかもしれません。

借り入れができるかわからないから躊躇してしまう。または最初から借り入れはできないと自分で分かっている。

と言う人がいると思いますがではなぜこう言った考えに至るのか。

答えは簡単です。

銀行や消費者金融などから融資を受けようと思うと、必ず審査をしなければいけないからです。

お金を貸す側の銀行や消費者金融からしてみれば、審査をするのは当然のことです。

銀行や消費者金融は、お金を貸して金利をもらうことによって利益を得るわけですから、元金は当然ですが全額きっちりと返済されることが大前提です。

毎月の返済と合わせて金利を支払ってもらい利益を得ているので、もし返済が滞ってしまったら、利息どころか元金の回収もできなくなってしまいお金を貸している側は損をすることになってしまいます。

そのため、お金を借りたいという人が申し込みをしてきた時に、返済能力がある人だろうか?きっちりと元金と利息を返してくれる人だろうか?という事をチェックする必要があります。

子供の進学にかかる費用や、住宅、車を買うためのお金であれば銀行から借り入れをすることもできます。

銀行の審査は特に厳しい

しかし、銀行の審査は特に厳しく審査されます。

その理由は、銀行は預金として銀行に預けられた資金を他の人に貸し回しをしているためです。

国民の預貯金から融資をしていると言うこと自体は隠したりせずに開示してはおりますが、預金をしている人は、自分の預けたお金が融資として貸し出されていると言う感覚はあまりなく、ただ単に銀行に保管してもらっているだけ、と言う感覚の方が強いのではないでしょうか。

銀行側からすると、お金を融資する相手を誤ってしまい、預金をしてくれている人達の大切なお金を失くしてしまえば、当然ですが信用に関わる大きな問題になりかねません。

これらの理由から、融資をする相手は審査をして選ぶのです。

銀行よりも消費者金融の方が審査は少し緩い

消費者金融は、国民の預金を預かって貸し回しをして運営をしているわけではなく、銀行にお金を借りて、そこから融資をおこなっているからです。

闇金融のパターン

金利が高いところは、審査自体はかなり緩くなっています。

一般的な人であれば審査は殆ど通りますが、たまに高利貸しからでも融資を受けれない人もいます。

もし、高利貸しからも融資が受けれないという人が、それでも融資が必要だと言う状況に至った際には、闇金融と呼ばれるブラックな企業から融資を受けることになります。

この闇金融と呼ばれる業者であれば、誰もが審査を通過することができることでしょう。

なぜかと言うと、審査らしい審査がないからです。

融資を受けた相手が逃亡などしないように、身分の確認はきっちりと行い、家族構成や住居、保証人などもつけさせるなど、きっちりと周りを固めておくのでその人が総量規制に該当していたり、以前に金融関連の事故を起こしていても関係なく融資をします。

小口でも暴利をむさぼっている様なやり方で営業をしているため、ほぼ審査なく貸付をしていると捉えることができます。

闇金融はを利用すると最終的に人生を詰んでしまう

トイチやトサン、トゴと言った言葉を耳にしたことはないでしょうか?

  • トイチとは10日で1割の利息
  • トサンは10日で3割の利息
  • トゴは10日で5割の利息

の利息が増えていきます。

ので、最初に融資する金額は1万円とか5万円と言った少額だったとしても、これだけ高い金利をつけて貸付をしているので、儲けはとても大きい利益になります。

通常は大きい金額の貸し付けをしてしまうと、金利が暴利ですから返済することが出来なくなってしまうので、通常は小口でしか貸し付けをしていないケースが殆どです。

たとえば、10万円の融資をしたとします。

もし、トゴの金利が設定している業者であれば、たった10日で5万円もの利息がついてしまうのです。

そして、一括でこれを返すのは難しいことから、利息分の5万円だけ返済して、元金の返済を先延ばしにすると言う、俗に言うジャンプと言うことをしたとします。

全額返済は出来なくても、利息分であればなんとか返済できるのでと、利用者は5万円の支払いを10日毎に続け、そのうちその5万円が払えない時がきて潰れてしまったりします。

高利貸し程度の金利であればまだマシな方で、高利といっても大手の消費者金融に比べれば2倍から3倍くらいになりますので、闇金融の金利のように生活が破綻してしまう程の大きな影響が出ることは殆どないでしょう。

しかしながら、闇金融の場合ですとそうもいきません。年間の利率をみると異常なほどに膨れ上がります。

トゴであれば何と年間 1825% の利息がつき、トサンでも年間で1095% トイチでも年間にすると 365% ととんでもなく高い金利になっています。

したがって、どんなことがあっても闇金融にだけは手を出してはならないのです。

この闇金融だけは、一度足を踏み入れて利用をしてしまったら最後、取り返しがつかないような本当に大変なことになってしまうでしょう。

消費者金融を利用するのは本当に計画的に

消費者金融での金利は銀行に比べると10倍近い高金利で融資をして利益を得ています。

審査の厳しい銀行に融資を断られた人達の受け皿として営業しているという性質もあり、銀行に比べて審査は比較的緩く設定されていることが多いです。

とは言え、審査自体は必要ですので緩かったとしても通過できない人は沢山いらっしゃいます。

消費者金融と銀行の審査基準には違いこそあれ、その内容と言いうのは類似している部分があります。

利用者の属性と言うのをチェックして審査が実施されます。

この属性と言うのは、融資希望者の安定性がどれくらいかを図るための尺度で、年収や職業、年齢や勤続年数、住居形態や家族構成などで決定されます。

公務員やサラリーマンなど会社勤めの人は、比較的属性が良く、信頼性が高いとされています。

終身雇用の時代は終わっているとは言え、サラリーマンは解雇される可能性を考えると、解雇されずに働き続けられる場合の方が数としては多いため、安定している職業とみなすことができます。

公務員であれば、さらに解雇の可能性は低くなり、自営業者や会社員に比べてもさらに安定していると見なされることになります。

ですので、公務員の方であれば、消費者金融に頼らずとも、普通に銀行の審査を通過することができる場合が多いと思います。

ですが、この属性が良くないのは安定収入が無い人たちです。

例えるならパートやフリーターでお仕事をしている人達の収入は安定性が低いだけでなく、場合によっては解雇などのリスクも正社員に比べるとずっと高くなっています。

私自身もフリーでライターの仕事をしていて、どこかの組織や会社から仕事や給料をいただいているわけではありませんので、属性はあまり良くなく、おそらくですが審査を通す事はできないでしょう。

ですので、

  • 「お金が必要で借り入れをしたいが、審査にはあまり自信があまりないので躊躇せざる負えない」
  • 「お金が必要で借り入れをしたいが、安定収入が今は無いので審査で落ちてしまい借り入れができない」

と言う、人達が沢山いるのです。

総量規制に該当して借り入れができない方必見!

消費者金融は銀行は、当たり前ですが合法的に経営をしています。

少し前のイメージになりますが、消費者金融と聞くと消費者金融大手だった武富士が犯罪行為に至り話題になったり、アイフルも違法な取り立てで話題になったりしたことがあるため、時代のイメージを持たれている方にとって、非合法的な企業、と言う印象をお持ちかもしれません

しかしながら、ここ最近の消費者金融は、銀行系列で運営することになったりと、前のイメージと変わってごく真っ当に合法的に運営されている会社が殆どです。

真っ当に運営されているという事であれば、当然ですが貸金業をするに当たって守らなければいけない政府が定めた規則をしっかりと守って運営しているという事になります。

例えば、金利の上限額も出資法と言う法律で決められている金利内で運営したり、融資を受ける人の年収額の 3 分の 1 を超えて貸付てはならないと言った、裁量規制もしっかりと遵守しています。

これらの規制により、例え審査が通る属性を持っている方であっても、他での借り入れが年収の 3 分の 1 に達していたら、新たに融資を受けることは出来ないようになっています。

銀行の場合は、貸金業者に該当しないので、銀行から借り入れをすることについては裁量規制には当てはまらないのですが、すでに消費者金融などから年収額の 3 分の 1 に達するほどの融資を受けている人は、銀行に行っても融資を受けるのは難しいでしょう。

当然ですが、融資を受けれる額は年収の 3 分の 1 と決められていますので、その人の年収が高ければ高い程、上限額は高くなり、年収が低ければ上限額も低くなってしまいます。

または収入が一切ないと言う人に至っては、融資自体を受けることができないという事になります。

ニートと呼ばれる無職の人や学生でアルバイトなどを全くしていない人、療養中で仕事をしていない、専業主婦で働いていない人など、収入がなく年収がゼロと言う人。

裁量規制に当てはめてみると、ゼロの 3 分の 1 はゼロのままですので、1 円も融資を受けることは出来ないでしょう。

こう言った理由から

「融資をうけたいけども、年収の 3 分の 1 位の借り入れを他でしているから、または収入がゼロで総量規制に該当してしまうため借り入れができない」

と言う人たちが沢山いるのです。

借り入れができない人が借り入れの申し込みをするくらいなら

上述したように、信用情報である属性が良くないと言う理由から審査が通らなかったり、総量規制に該当してしまい、審査が通らないという人たちが、それでもお金が必要で借り入れをしたいと思ったら、どうでしょうか。

消費者金融や銀行などの真っ当な業者から融資を受けることができません。

しかし、すぐにお金が必要で借り入れをしなければ首が回らない、と言う人が高利貸しの闇金融などを考えるようになります。

金利が高い闇金融のパターン

高利貸しと言えば、その言葉の意味は広義にわたりますが、大まかに言えば「高い利率で融資をしている業者」のことで中小企業の消費者金融、大手の消費者金融、または届け出をしていない、いわゆる闇金融も含め高利貸しと言えることができます。

融資をしてくれる企業を、ブラック企業・ホワイト企業・グレーと分類するとすれば、ブラックは闇金融、グレーは中小企業の消費者金融、そして銀行などの大手企業をホワイト企業として分類できます。

この街金融の事を高利貸しと捉えれば、非常にわかりやすい捉え方になります。

上述したグレーゾーンにある消費者金融が街金融です。

しかし、プロミスやアイフルなどの大手消費者金融と比較すると、同じ消費者金融であっても少しアンダーグラウンドな雰囲気の匂いがします。

過去に金融の事故を起こした経験がある、いわゆるブラックリストに載っている人や、総量規制に該当している人でも、審査に通ることが沢山あります。

ですが、金利を見ると30%とか55%と言う様に高い年利を設定して融資を行っています。

通常であれば、利息制限法などの法律がありますのでこちらに抵触してしまうのですが、契約方法でこれを有効な利息であるとしてしまうことができます。

大手に比べて非常に高い金利で融資をしていたり、信用情報に関係なく融資をしたり、または総量規制に該当しているにも関わらず融資をしている実態を見れば、これがかなりグレーゾーンな存在であることがご理解いただけるのではないでしょうか。

ブラックリストに載っている人に貸し付けたり、グレーな運営をしている貸金業者になりますので、返済が滞った際などの取り立ては、映画で見るような違法になるギリギリの行為などで取り立てを行うケースも沢山あります。

ですので、こう言った業者に対しては銀行は融資はしません。

銀行から融資を受けることが出来ない高利貸しの会社は、お金を持っている金持ちの人から資金を募ってスタートするケースが沢山あります。

お金を余らしているようなお金持ちの人は、高利貸しの業者にお金を貸し出すことで、不動産や株式投資などで得られるリターンよりもずっと高い利回りでお金を運用することができると考えるため、こうした人にとってもとても都合が良いのです。

もちろん、こう言った高利貸しで運営しているので摘発の対象となり出資金が戻ってこないなどの大きなリスクも存在します。

しかし、それでも他の消費者金融や銀行で融資を受けれないが、どうしてもお金が必要だという人が居たときに、これらの高利貸しを考えることになるのです。

金利は大手に比べると 2 倍以上、あるいは 3 倍以上などと高い金利条件を受け入れて借り入れをするしか、融資をしてくれる先がほかにないのです。

その場合は、当然ですがとても高い金利の支払いを要求されます。

例をあげると、大手の消費者金融で50万円を借りたとします。

5年で完済し、金利は年間18%だったとします。

この場合は総額で約76万円を返済したことになります。

ですが、例えば同じ50万円を金利40%で借りたとして、返済期間は同じように5年で完済できたとします。

このケースだと最終的には総額で115万円を返済することになります。

クレジットカード現金化を理解する

消費者金融や銀行での審査に落ちてしまったからと言っても、金利の高い高利貸しではあまり割に合いませんし、かと言って闇金融から融資を受けるなどと言うのは論外です。

「でも、融資がどうしても必要で困っているのに、審査が通過できない人はあきらめるしかないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ご安心ください。

資金調達の手段は借金をすることだけ、と言う概念は忘れて、金利の高い高利貸しや、破滅を導く闇金融などの融資は受けなければ良いのです。

資金調達の手段は借金以外にも色々とあります。

もし、信用情報の属性が良いと言う人であれば、消費者金融や銀行などから融資を受ければ良いかもしれません。しかしながらこれらの場所から融資を受けることが出来ないという人は、審査など通さずに出来る方法を使って資金調達をすれば良いのです。

その代表的な手法の一つが、クレジットカード現金化になります。

クレジットカード現金化は、すでに所有しているクレジットカードを上手に活用し、ショッピングをするための枠を現金化して資金を調達する手法です。

とは言え、利用するにあたって無防備な状態ではだめです。

なぜなら、闇金業者やそれに繋がる様な悪徳業者が、クレジットカード現金化業者に扮している悪質な業者もあるからです。

ですが、簡単にそれらを見抜くことが出来ますし、逆に優良な業者を利用することで確実に、ショッピングの枠を現金化し、お金を手にすることができるのです。

クレジットカード現金化では、すでに皆さんが所有しているクレジットカードに付いている、ショッピングをするための枠を活用するので、新たに審査を受けたりする必要は一切ありません。

クレジットカードは本人の名義のものしか利用することが出来ませんので、本人の確認は必要になりますが、審査や属性、総量規制をチェックされることは無いのです。

融資ではないのですから、信用情報の属性に問題があったり、または総量規制に該当してしまっている人の現金化をしても、現金化を行う業者は何一つ困ることはないのです。

高利貸しであれば非常に高い金利を取られ、または闇金融などであれば破滅的な金利を要求されることに対して、このクレジットカード現金化であれば、非常に良心的です

例を挙げると、換金率が 90% だったとします。クレジットカード現金化を活用して5万円を借りると、45千円の受け取りが可能です。

クレジットカードのショッピング枠ですので、利用した5万円はカード会社返済をしていくわけですが、低金利で尚且つ返済方法も選択できます。

カード発行会社によって金利はそれぞれ異なりますが、場合によっては10%未満というところもあるでしょうし、消費者金融などの18%と言う金利を超えることは無いでしょう。

最初に現金化をした時に10%が取られているという事を考慮したとしても、利用者はクレジットカードで買い物をした時と同様に5万円の利用をしただけなので、その5万円にはカード会社が定める金利が適用されるだけで、実質的には低金利で利用ができるという事になるのです。

通常のクレジットカードでのショッピングと同じですので、低金利で返済方法も選択できて生活などへの影響は非常に少なく、高金利の借金などに比べても大きな問題が生じる可能性は無いのです。

もし仮に、クレジットカード現金化を利用するために使ったお金の返済が厳しくなった場合でも、多くの場合、クレジットカードを発行している会社は大手の上場会社だったり、コンプライアンスなどもしっかりと定められているので、返済の相談もし易く厳しい取り立てなども無いでしょう。

一方で、金利の高い高利貸しまたは、闇金融などから借りている場合は、金利が高いので金利を返済するだけでも生活には多大な影響が出てくることになります。

万が一返済が滞ってしまえば、自分だけでなく家族にまで迷惑をかけてしまったり、場合によっては悪質で厳しい取り立てを受けなければならない状況に追い込まれることもあります。

お金を入手するために様々な方法やサービスなどを検討する際には、そのサービスや手法が本当に良いものなのかどうかをしっかりと判断するために、もしこのサービスを使った場合、生活にどんな影響を及ぼすのか?などをしっかりと検討することが大切になります。

銀行の様な低金利の所からの融資であれば、生活への影響はとても小さいですが、高利貸しなど金利が高く設定されている消費者金融では、その影響は大きくなり、闇金融など暴利な金利の所を利用すると、最終的に破綻してしまい生活が出来なくなってしまいます。

クレジットカード現金化であれば、ショッピングをする枠を利用するため、買い物をした時と同様の影響しかありません。

効率まで考えてみると、消費者金融や銀行からの融資と比べると見劣りするかもしれませんが、影響度を考えると、生活への負担は軽く、闇金融や高利貸しなどと比較すると、比較にならないほど優良な手法と呼ぶことができます。

まとめ

「生活への影響度合いを考えてサービスを利用する」と言う観点で見てみると、消費者金融や銀行融資が受けれないからと言って、金利の高い高利貸しの消費者金融や、暴利な闇金融はとてもじゃないが利用しようと言う気持ちにはならないのではないでしょうか。

それらを利用するより、クレジットカード現金化を活用した方が良いと言う考え方がまともだと思います。

ですが、「優良な業者をきちんと利用する」ことが非常に重要になってきます。

もし、悪質な業者を利用してしまったら、換金率が想像よりも低くて思っていた金額よりも低い金額しか受け取ることが出来なかったり、場合によっては全くお金を受け取る事ができずに、カード会社への返済だけが増えてしまうなど、生活に影響してしまう可能性があります。

ですので、銀行などの審査は難しいが現金が必要、と言う方は優良な業者を選んで利用する事を大前提として、クレジットカード現金化の活用を考えるようにしてください。

クレジットカード現金化の主流はギフト券換金へ

従来のクレジットカード現金化の手法は、キャッシュバック式や換金式など手数料とリスクの高い方法でした。

現在のクレジットカード現金化は「ギフト券を換金する方法が主流」となっています。

換金まではいたってカンタンです

ギフト券を使ったクレジットカード現金化は、とても簡単であっという間にお金を作ることができます。

クレジットカード現金化でお金を受け取るまで

  1. クレジットカードでギフト券を購入する。
  2. ギフト券をギフト券買取サイトに売却する
  3. 買取代金を受け取って完了

換金するギフト券は以下の10種類

  1. amazonギフト券
  2. iTunesカード
  3. GooglePlayカード
  4. ニンテンドープリペイドカード
  5. PlayStationカード
  6. 楽天ギフトカード
  7. nanacoギフトカード
  8. Webmoney
  9. JCBプレモカード
  10. LINEプリペイドカード

より多くのお金をもらうために

ギフト券の買取率は毎日変動していますので、現金化したいときに最も買取率の高いギフト券を購入するようにしましょう。

上記ギフト券を購入したら下記

高額買取保証のギフト券買取サイト

に売却するだけです。

ギフト券買取依頼手続きはスマホ片手にラクラク!驚くほど簡単で3分程度で完了します。

それでは、クレジットカード現金化に向いているギフト券買取業者をご紹介します。

優良認定されているギフト券買取サイト

  1. どこがいいのか分からない
  2. 初めてだから失敗したくない
  3. 間違いないお店を利用したい

その様な方は安全と信頼が約束された下記ギフト券買取サイトで解決します。

毎日多くの利用者が殺到!サービスナンバーワンと名高いギフトグレース

amazonギフト券 買取り業者のギフトグレース

ギフトグレースの基本情報

換金率 最大94%
振込みまでの時間 10分~120分
24時間対応銀行 ほぼすべての金融機関
振込手数料
  • 10,000円以上は無料
  • 9,999円以下は216円
営業時間 24時間営業
営業日 月曜日~土曜日(日曜定休)
買取ギフト券種
  • amazonギフト券
  • iTunesカード
  • Googlplayカード
  • 楽天カード
  • WebMoneyカード
  • nanacoカード
  • JCBプレモカード
買取可能金額 587円~1000万円

24時間いつでも換金可能!ギフト券換金なら選んでおきたい優良買取サイト

ギフトグレースは買取ボブと同じくまずはじめに利用しておきたいギフト券買取サイトです。

ギフト券買取サイトの中で総合力ナンバーワンと名高い買取サイトです。

換金率も最大94%を実現。初めての方、利用に不安がある方、最高換金率を求めている方にも自信を持ってオススメできる満足保証の優良買取サイトです。

どこにしようか考えているならギフトグレースは間違いありません。


業界最速!24時間いつでもスグに高換金のお振り込みを保証!ソクフリは即振込

amazonギフト券 優良買い取載サイトのソクフリ

ソクフリの買取情報

換金率 最大94%
振込みまでの時間 5分~40分(平均20分)
24時間対応銀行 ほぼすべての金融機関
振込手数料 0円~154円
営業時間 24時間営業
営業日 365日年中無休
買取ギフト券種
  • amazonギフト券
  • iTunesカード
  • Googlplayカード
  • 楽天ギフトカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • PlayStationStoreカード
買取可能金額 1000円~1000万円

24時間いつでも最高買取率でギフト券を売ることが可能

ソクフリの大きな特徴は、やはり24時間営業即時振込と言うことでしょう。急いでいる方に心強い味方です。

最大94%ダントツに高い買取率を実現できる数少ない買取サイトです。

amazonギフト券以外にも、iTunesカード、Googlplayカード、珍しくニンテンドープリペイドカード、PlayStationStoreカードの買取も行っているので、持っている方は併せて利用するといいでしょう。

古くから携帯現金化を行っている業者でもあります。スマホ・ケータイ現金化を行いたい時にもおススメできる希少な現金化業者です。


買取本舗は買取サイトのパイオニア、信頼と安心を貫いた結果、大手買取サイトへ成長

amazonギフトカード 買取サイトを運営する買取本舗

換金率 最大95%
振込みまでの時間 20分
24時間対応銀行 ほぼすべての金融機関
振込手数料 0円
営業時間 24時間営業
営業日 365日年中無休
買取ギフト券種
  • amazonギフト券
  • iTunesカード
買取可能金額 500円~1000万円

ギフト券換金をする優良買取サイトの老舗

買取本舗は、「他店よりも1円でも高く買取り、どこよりも高い換金率を実現する!」を宣言しているだけあって最大95%の換金率になる時もあるのは、ギフト券買取専門店たる自信の表れと言えましょう。

24時間好きな時に業界トップの高額買取なので、クレジットカード現金化やキャリア決済現金化の利用でも他に引けを取りません。


人気買取サイトの金券買取EXは高価買取を実現。多くの人が満足し支持を拡大中!

amazonギフト券 を最大94%の買取率で買い取る買取サイトの金券買取EX

金券買取EXの買取情報

換金率 最大94%
振込みまでの時間 15分~120分
24時間対応銀行 ほぼすべての金融機関
振込手数料
  • 無料
営業時間 平日10時~21時 ※初回利用のみ19時まで 土日祝祭日10時~18時30分 ※初回利用のみ18時まで
営業日 365日年中無休
買取ギフト券種
  • amazonギフト券
  • iTunesカード
  • Googlplayカード
  • 楽天カード
  • WebMoneyカード
  • nanacoカード
買取可能金額 1000円~500万円

ギフト券を売るなら高価買取でオススメできる買取サイト

金券買取EXは買取率最大94%と業界トップを実現

ギフトカードの多くは有効期限があるものが多く、期限を過ぎてしまうとタダのゴミになってしまいます。

GooglePlayギフトカード 、iTunesギフトカード 、amazonギフト券、楽天ポイントカード、ウェブマネーの買取以外にも、VISAギフト、JCBギフト券、全国百貨店共通商品券、株主優待券など、多くの種類の金券を買取っているのでもしお手持ちに他の金券類があったら一緒に売却してしまいましょう。


24時間営業で業界最高買取率を実現する買取サイトのバイカ

amazonギフト券高価買取のバイカ

バイカの買取情報

換金率 E-mailタイプ/PDFタイプは最大95%
カードタイプ・印刷タイプは80%
振込みまでの時間 30分~24時間
24時間対応銀行 ほぼすべての金融機関
振込手数料 0円
営業時間 24時間営業
営業日 365日年中無休
買取ギフト券種
  • amazonギフト券
  • iTunesカード
  • Googlplayカード
買取可能金額 1万円~500万円

ギフト券現金化時に利用しておきたい人気の買取サイト

バイカはギフト券買取率最大95%を実現する超優秀な買取サイトです。その上24時間営業なので換金したい時にいつでも換金可能です。

ユーザー目線に立った買取サイトを念頭に運営しているため業界で一位二位を争うほど高い換金率を実現します。

手数料もゼロ円ですので、表記されている換金率そのままのお金があなたの口座に振り込まれます。


安心ギフト

amazonギフト券 優良買い取載サイトの安心ギフト

安心ギフトの買取情報

換金率 最大95%
振込みまでの時間 15分から60分
24時間対応銀行 ほぼすべての金融機関
振込手数料 0円~500円
営業時間 9時~21時
営業日 365日年中無休
買取ギフト券種 amazonギフト券
買取可能金額 1000円~3000万円

安心してギフト券を売ることができる優良買取サイト

安心ギフトの大きな特徴は、やはり最大95%を実現する非常に高い換金率でしょう。

amazonギフト券専門の買取サイトを標榜しているだけあって、買取サイトでは珍しく、任意の額面のバリアブルカードも買い取り可能なので、どんなアマゾンギフト券でも売却可能です。


関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/264

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ