【暴露】クレジットカードの現金化についての本音

【暴露】クレジットカードの現金化についての本音

クレジットカード現金化 についての本音を述べます

クレジットカード現金化 業者を利用する方ですが、相手がいる以上お互いがニコニコ(win-win)または、まぁしょうがないか(better)になるのが正直なところ落としどころだと思います。

実際利用している方は、はっきり言って購入価格の約2割のお金を差し引かれた金額になる=20%前後取られるのを了承してるわけです。

高いか安いかは人の判断で異なるとは思います。

例えば高級ブランドバック購入時10万円でもリサイクルショップや買取屋に持ち込むと買取価格2万5千円と、実に75%ものディスカウントになっているものもあります。

あくまで中古品買取りなので、その中で20%のディスカウントだったら相当いい風にも見えます。

店頭10万円で買うのとネット価格8万円で買うのでは2万円の差が出ます。

要は20%。

それを店頭で買った人に伝えても「店頭はネットと比べて土地が必要だったり商品陳列するための経費(ガス,水道,光熱費、家賃、掃除、備品取り換え、運送会社)」などがかかってくるわけだし、高くて当然じゃん。と言う人もいます。

ゼロ円でサービスを提供することは不可能

ゼロ円サービスを規制されて著しいスマホ代金など、あまりにも不当に安い料金にするのは市場の成長を妨げる要因にもなります。

なんでかって?

それは儲からないからにほかなりません。

儲からないということはやる人が減ってく訳で、残るのは寡占化した業者組合か違法性がある悪質業者しか出てこなくなってしまいます。

寡占化するというのは競争原理を放棄する行為です。

最悪利益重視の運営になってしまえば、利用者の利便性を切磋琢磨し考えることもなくなります。

その結果、違法性がある悪質業者特有の「やってやってるんだ感」が跋扈するようになってきます。

業者で働いている人間も私たちと同じ「人」です

誰だって暮らしはあるはずで維持するにはお金が必要です。

クレジットカード現金化 業者の勤務者だって例外なく当てはまります。

彼らだって中には結婚していたり、養っている家族もいたりします。

突き崩せば、ビジネスになっているわけで当然お金の配分が必要になってきます。

その中で、20%の利益を考えるなら果たして多いでしょうか、それとも適正でしょうか?

仕事=ビジネスと言う名目になり、何らかの対価(お金)が必要な事実はこの日本には溢れています。

利用者はそれぞれ思惑は違えども、提示された条件を飲み込まざる得ない事情があるから利用するわけです。

現金の使いみちは人それぞれ

理由はどうであれ今現金が必要な人と、それを適えることのできる業者の思惑が一致する時、はじめてお金が動くわけです。

業者は実質売り上げ20%前後を電話もろもろで上げられるわけですから、上手くいけば利益率の高い商売です。

上手くいくためには、社内教育を徹底してより喜ばれるような、企業努力をおしまないことが必要なのは一般企業と何ら変わりありません。

昔はどうであれ、時代が求めているものを提供することが大事です。

手順を怠ると逮捕されることも

利用者の逮捕者は出ていませんが、業者自体は過去に摘発された事例が存在します

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化行為は、建前上ある商品を利用者本人買ってもらい、その商品を利用者が売りたいと持ってきたので買い取る形をとっています。(パチンコの金と一緒ですね。)

利用者と現金化業者で一致するなら、捕まえる要素が立証しずらいため、摘発されることはほぼないのでグレーと言われる方法です。

簡単に言うと利用者と業者でお互い結託しあうことで利用規約違反が発覚するリスク、出資法に抵触するリスクを回避しています。

そのため、この前提をしっかり守ることが非常に重要になってきます。

この前提を無視した者、すなわち手順を簡略化して業者が代行したりするなどすると貸金業扱いとなり出資法違反(高金利)で逮捕される場合が過去にありました。

また、警察に逮捕されなくてもカード会社の利用規約規範に抵触するのはほぼ間違いありませんが、上記で述べたように利用者と業者が結託するのでこれもまた立証するのが難しいのが現状です。

しかし、手順を省略したりすると当然、警察も黙認できなくなります。

立件可能かどうかあらゆる調査に乗り出すことになります。

流れ的にはこの業界で規制を入れていきたいはずですし、運営者の多くは叩けばホコリが出る人が多いのではないでしょうか。

警察を無視、法律を逸脱した行為は絶対に避けるべき行為と言えます。

グレーと言えどもマナーは大事

あまりにも問題になると、昔の消費者金融や出会い系の様に業界が再編するなんて事もこの先あり得ます。

いつしか、現金化業者の立件の仕方が確立される法案が出る可能性だってあります。

昔から現金化業者は、そんな時代の変わり目も乗り越えて存在してるので何らかの法的対策を編み出すとは思いますが。。。

できるかぎりそうならないためにも利用者が安心して利用できる環境を整えることがこの業界の未来を担っていると思います。

ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化 は、こうした人たちの需要と供給がマッチしているからこそ昔から消えずに続いているのです。

心底では、お互いを思いやる精神があるのかも知れません。

ただその需要と供給のバランスを崩す違法性がある悪質業者が現れた場合は、事件化し警察が介入し逮捕・摘発が行われるのです。

犯罪業者は撲滅すべし

違法性がある悪質業者は、どんな叩き潰してもひょこひょこモグラの様に出てきます。

現金化業者ならまだしも、闇金融上がりや詐欺師グループもこの業界に着実に参入してきていると思われます

そういった犯罪組織に遭遇してしまうと元も子も無くなってしまいます

トラブルを未然に防ぐためにも、優良店の選び方、違法性がある悪質業者の見抜き方を覚えることは非常に重要です。

当サイトクレニューでは、その対策方法を詳しく解説していますので、面倒くさがらずしっかり読んで頭に入れておきましょう。

利用しようとしているみなさんへ

決して推奨するわけではありませんが、どうしようもなくなる時、場合は誰にでもあると思うので正論だけでなく本音にズバッと切りこんでみました。

優良店の見分け方、違法性がある悪質業者の見分け方、どちらの情報も知っておけばきっと心強い味方になるでしょう。

利用するにしろ利用しないにしろ万が一の時に知っていれば、これ以上最悪が広がらない手段にもなり得ると信じています。

もし、自分で探すのは面倒だったり、時間が無い、利用に不安を覚えたりする場合は、安全と認定された専門業者を利用するといいでしょう。

こちらで紹介している現金化業者は既に調査され安全と認定された安心の企業です。

安全と認定されたクレジットカード現金化 業者一覧はこちら

また、25項目の優良店チェックのスコアを満たした業者を発表しているのでよろしければ比較、ご参考ください。

あわせて読んでおきたい記事

優良店チェックのスコアを満たした業者を発表

関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/28

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ