alexa

[恐怖] クレジットカードを持っていなかったらお金が紙くずになることもある

[恐怖] クレジットカードを持っていなかったらお金が紙くずになることもある

クレジットカードは様々なプラスの宝庫

現代では多くの社会人がクレジットカードを利用しています。

クレジットカードには様々なプラスの要素があるからです。

まず支払方法が自由自在です。

キャッシング枠を利用すれば、その場で現金のように引き落としが可能だったり、日にちを決めて一括で銀行口座から引き落としをしたり、複数回数引き落としをする分割払いも可能です。

キャッシング枠とは異なり、付随するショッピング枠も、現金化が可能ですので、いざというときこちらも見逃せません。

このように自分の口座の残高によって自由自在に変えられることがクレジットカードを利用する一番の魅力です。

同時に、クレジットカードで支払いをするため現金を持ち歩く必要がなくなります。

そのため持つものも少なく軽くなります。

サイフを落としても、現金は盗られる場合が多いですが、クレジットカードならその心配は無用です。

万が一利用停止前に使われたとしても、ほとんどのクレジットカードでは保険が付いているので、お金を支払う必要はありません。

引き落としは翌月なので、その間に自分でもチェックができ知らない利用があった場合は、届ければ保険適用され債務免除になります。

また、すぐに新しいカードが届きます。

さらに支払う際にすぐに計算が可能で、いちいち財布から現金を出す時間も必要なくなります。

半分はクレジットカード、もう半分は現金支払い

現代では、半分以上の店舗でカード支払いができます。

ただ、現金でのみ支払い可能な店舗もあります。

その場合でも、カードはすぐに現金化が可能です。

キャッシング枠とショッピング枠がありますが、どちらも現金化するためにはカンタンな手続きで時間はかからずすぐに現金を手に入れることができます。

このように様々な店舗で買い物が可能で、なおかつ支払方法が自由に選べるため、クレジットカードを利用する人が増加しています。

さらにカードは現金と違い、現状持っているお金よりも多い金額でも購入可能です。

引き落とし日を先に設定し、ボーナスなどの支払いにすれば高額な商品も購入できるのです。

そして自分がカードで何を購入したかはきちんとカード会社が記録しているので、家計簿をつける必要もなくなるのです。

そのため現在日常生活でカードで支払いを進める人が増え、家計簿管理もカードで行っている人が多数います。

クレジットカードは社会的ステータス

また、カードは社会人としてのステータスにもなります。

カードを発行するためには専門会社からの審査が入ります。

その人の勤めている会社や年収などの情報も必要になります。

そのためカードが発行できる人は社会的な信用もあるといえます。

カードの種類によって利用枠が異なる

年収や年会費にってカードの種類が違ったり、支払いできる金額、引き落としできる金額が違ったりします。

基本的にはキャッシング枠よりもショッピング枠の方が大きい金額を扱えます。

社会人にとってはカードは一つのステータスであり社会的な信用に紐づくものといえるのです。

日本でも最初は現金が主流でしたが、現代ではこのような理由でカード利用者が増加しています。

海外での支払いは通常クレジットカードを使用する

海外旅行でもクレジットカードを持って行って支払う人がいます。

外国での利用は、通常クレジットカードを使います。

突然お金が紙くずに!?

新興地域など先進国以外では、現地で両替を行うと、リスクに巻きこまれる可能性が高くなるためます。

私は過去にインドを旅した時、驚くべきことがありました。

現地通貨(ルピー)の紙幣が突然新しくなったのです。

しかも2-3日以内に銀行に行き旧紙幣を新紙幣に交換しないとタダの紙くずになってしまいます。

また、全ての国民が銀行に並び通貨交換を行いますので、長蛇で営業時間が過ぎてしまい交換できないことが何回もありました。

来訪者が持ってくる旧紙幣より新紙幣の数が少ないので、銀行が早く閉まるパターンも多く見ました。

さらに最悪な銀行では、交換期間、臨時休業します。

期限が過ぎてしまえば、旧紙幣は全て紙くずになります。

と日本では到底考えられませんが、この様なことが起きる外国は少なくありません。

また、2016年11月9日に、1000ルピーと500ルピーが使用できなくなりました。
変換する理由はテロ組織が偽札を作って使っていたから。

使用するには、銀行に行って新紙幣に換える必要があり交換期間は11月10日~12月30日までの間に行わなければならない。

そのため90年代と同様、銀行には長蛇の列ができる始末に。

また、銀行も紙幣がなくなるので一人1週間で2万ルピーまでしか交換できない状態です。

▼11/9は、すべての銀行とATMを休止(11/10もATMは主機能を休止)

▼新紙幣(2000ルピー札&新500ルピー札)の発行は11/10から

▼▼11/11まで、空港内の銀行に行けば、旧紙幣5000ルピー分を相応の外国紙幣に両替可能。ただし、ルピーに両替したときのレシートとIDが必要▼▼

▼11/11まで、空港&鉄道駅の発券カウンター(一部の航空会社を除く)、政府系バス、政府&地方政府管轄の病院・薬局・ガソリンスタンド・牛乳屋などで旧紙幣は使用可能

▼▼11/10から12/30までの間に、銀行か郵便局で新紙幣への交換可能。ただし、1日の交換限度額は最大4000ルピー。IDが必要。15日後に交換限度額は増える予定▼▼

▼11/10から12/30までの間に、旧紙幣は銀行か郵便局に預けることができる(原則、限度額なし)。IDが必要

▼11/18まで、ATMでの引き出し限度額はカード1枚あたり1日最大2000ルピー、11/19以降は最大4000ルピー。その後、額は増える予定

▼11/24まで、銀行窓口での引き出し限度額は1日最大10000ルピー、1週間最大20000ルピー。その後、額は増える予定

▼12/31から来年3/31までは、RBIで新紙幣への両替が可能。ただし、申告書が必要
引用:【注意】現在の500ルピー札、1000ルピー札は一切使えなくなりました!!!

そのため、当時のルピーはお金としての信用度が非常に少なく感じました。

また2016年のような、信用を下げる行為がまだ続いてることに驚きました。

自国通貨の信用が少ない国は、現金を持つ場合、基軸通貨であるドルや第二通貨になりつつあるユーロを利用することが多いです。

新興国現地通貨は、ドルユーロと比べて価値が低くなる

例えば、1ルピー(4円)1ドル(100円)とした場合

10,000円の何かを買うとき、ドルだと100ドル(10,000円)ですむが、ルピーだと4500ルピー(18,000円)が必要になります。

理由は、紙幣がコロコロ変わるので現金ルピーが信じなれていないためでした。

交換に失敗すれば貨幣価値はゼロになるので、リスクがおおい自国通貨よりも安定しているドルやユーロの方が安心できます。

銀行は交換レートが高く、安い闇両替所は交換レートが安いが、二ぜ札を渡される可能性があります

日本円を自国通貨やドル・ユーロなどと交換する場所は、銀行、外国為替交換所、ブラックマーケットになります。

銀行が交換レートが一番悪く手数料も信じなれないくらい高いです。

公定歩合よりも10%~20%損します。

外国為替交換所は、場所によりまちまちですが公定歩合よりも5%~10%損します。

交換レートが高く手数料も低いブラックマーケットでは、スーパーコピーなどの偽札や価値がなくなった旧紙幣を渡されるリスクが発生します。

なにげに厄介なのが、現金を使うと小銭がたくさん出ることです。

基本的に小銭は両替できないので、持って帰ってきてしまった方など多いと思います。

しかし、クレジットカードならその心配や手間も無用です。

現金を持つ必要がありませんので、先ほど申し上げたインドの様な、自国通貨が突然変わるリスクもなくなります。

長蛇の列で並んで待つ必要もありません。

強盗やスリ、盗みにあっても持っている現金が少なければ被害が最小限ですみます。

小銭もありませんので、お金を無駄なく利用できます。

交換レートは、利用した日の基準為替価格に沿いますので、銀行・外国為替交換所・ブラックマーケット以上にお得なレートで決済されます。

交換に関する手数料もありません。

私は、海外旅行に行かないから必要ないと思ってる方は損をしているかもしれません。

外国から日本に来た旅行客もカードで支払う人がたくさんいます。

外国では現金よりクレジットカードの利用の方が多い国があります。

現金支払いが多い日本でも外国人対策として、東京オリンピックのある2020年では、大多数の店でクレジットカードが利用できるようになることを国策として進めています。

ショッピング利用するとポイントがついてきます

また忘れてはならないのが、利用した金額に対してお金と同価値のポイントがつくため、現金で支払うよりお得になります。

様々な企業と提携してより多くのサービスでカードが利用でき、それによって貯まったポイントも利用可能になります。

公共料金などの引き落としも、クレジットカードで支払うと割り引かれたりとお得になるケースが多いです。

2020年東京オリンピックに向けて、クレジットカードの利用は非常にお得で現金よりも自由で、私たちの生活になくてはならないものになることが予想されます。

そのため、今後は様々なクレジットカードと付随するサービスが増えていくと予想されますので、1枚は持っていても損することはないのではないでしょうか。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

新着・更新記事ベスト10

属しているカテゴリ

関連する記事

属しているカテゴリ

関連する記事

カテゴリ

人気コンテンツ

その他のお得ページ

Feedly|follow us in feedly RSSやATOMフィードはこちら