クレジットカード現金化優良店 | 安全で間違いない優良店を比較し発表!【2019年度最新版】口コミ評判や評価を徹底調査し最高換金率を実現する!

クレジットカード現金化優良店 | 安全で間違いない優良店を比較し発表!【2019年度最新版】口コミ評判や評価を徹底調査し最高換金率を実現する!

はじめに

多くの現金化業者が乱立する中、初めての方などは、正直なところどこを利用すればいいのか分からないと思います。

利得ばかりを先行し、誤った情報を配信している情報メディアや比較サイトも多く見受けられます。

利用しようと考えているかたは、実際お金を得たいと切実に願っていることでしょうし、そのような方の気持ちを踏みにじる行為は非常に残念に思えます。

本記事では、初めての方も安心して多くのお金を作れる方法や専門店を紹介し、安全で安心して現金化を実現することに寄与します。

迷っていたり悩んでいたり、不安を持っている方がこの記事を読んで笑顔になって頂ければ幸いです。

それではさっそく解説します。

クレジットカード現金化とは

1980年代から登場し2019年現在でも多くの方が利用しているクレジットカード現金化とは、クレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法になります。

キャッシングは、カードから直接現金を引き出すことができますが、貸金業にあたり審査が必要です。

収入証明が必要だったり総量規制に引っかかるため、誰もが利用できるとはいいがたいシステムです。

しかし、ショッピング枠の場合、お買い物をするために使用するものですので、学生や主婦、無職と言った収入証明を出せない方でも利用することができます。

このショッピング枠に目を付けたのがクレジットカード現金化です。

クレジットカードのショッピング枠(お買い物枠)で換金性の高い商品やキャッシュバック商品を購入し、現金に換えることで実質お金を作ることができます。

ショッピング枠を利用した現金化は、貸金ではないため、借金に当たらず信用情報機関に登録されることもありません。

このように、審査もなく誰でもお手軽に作れることから多くの人から根強く支持されているサービスです。

クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化には違法性があるのでしょうか?

実は、ショッピング枠を換金目的で利用することは法律には抵触しませんが、クレジットカード発行会社の規約に抵触してしまいます。

そのためクレジットカード現金化は違法性はないものの規約には違反している行為になります。

ただし、専門の現金化業者を利用した場合、「ショッピング枠を現金化目的で利用」することをクレジットカード会社が知りえることはありません。

クレジットカード現金化は、カード会社に発覚すれば規約違反ではあるものの、実際は見つかることがない方法と言えましょう。

万が一ショッピング枠の現金化目的としての利用がクレジットカード会社に発覚したとしても、罪になったり逮捕されることはありませんのでご安心ください。

クレジットカード現金化方法

クレジットカードの現金化はいくつかの方法がありますが、大きく分けると「現金化専門店を利用した現金化」と「自分自身で行う自己現金化」の2つに分かれます。

自己現金化

業者を使わない方法で、自分で完結するクレジットカード現金化の方法があります。

自分で行う代表的なクレジットカード現金化の手法は、返品(キャンセル)を利用した現金化です。

具体的な方法は、まずドンキホーテなどの量販店で返品可能の家電商品をクレジットカードで購入します。

購入してから3日以降に購入レシートと購入した商品を持って返品を行います。

クレジットカードで購入した場合の返品処理は、現金で行われることが多いのでその現金を受け取って終了です。

購入日当日に返品しても、クレジットカードのキャンセル処理をされるだけで現金を受け取れ無いので注意しましょう。

コツは、量販店側がクレジットカードの請求処理を完了した後のタイミングです。

量販店ごとにこのタイミングは異なりますが、通常では土日を抜かして購入日の3日以内に行われます。

そのためできる限り3日以降に行う必要があります。

自己現金化のメリット

自己現金化のメリットは業者を介さない分、手数料が必要なくなるので成功すれば高い換金率を実現できることです。

自己現金化のデメリット

一方、デメリットは、少額換金で1回程度しかできないことや、クレジットカード発行会社に発覚してしまうリスクが格段に高くなることです。

自分で行う方法はショッピング枠を換金目的で利用することを隠すことはできません。

万が一発覚してしまうと、クレジットカードの利用停止や、分割やリボ払いを行っている残債を全て一括でスグに支払わなければならないことになります。

さらに不正利用者としてJICCなどカード会社が加盟する情報機関に登録されてしまうため、他の会社でもクレジットカードを新規で作ることができなくなったりします。

リスクに対してのペイが低いのでできれば行わない方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化業者を使った現金化は、主に「買取方式」と「キャッシュバック方式」と言う2種類の方法があります。

1業者でどちらの方式を扱っていることはなく、業者ごとに買い取り方式かキャッシャバック方式どちらかに分かれます。

どちらの方式でも、受け取れるお金は基本的に一緒ですが、お金を受け取るまでの過程が異なってきますので注意が必要です。

この章で詳しく解説していきますのでご覧ください。

買取方式

買取方式はその名の通り、購入した商品を買い取る形で現金化を実現します。

例えば、クレジットカードのショッピング枠でカメラを購入した後に、買取店にカメラを持って行ってお金にすると言ったイメージです。

買取方式を採用している現金化業者は、家電やカメラ、カーナビ等、実際に価値がある商品やブランド物のバッグや財布、価値のあるアクセサセリーなどを利用するケースが多いです。

買取方式は購入した商品を渡してはじめてお金を受け取れる特性のため、郵送や持ち込みなど商品を業者に渡す必要があります。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式は買取方式と異なり、購入した商品に「特典(おまけ)」を付けることで現金化を実現します。

この特典(おまけ)は「お金を払い戻す」と言う内容になっています。

例えば、コンビニで飲み物を買うときにたまにおもちゃやグッズがくっついている場合がありますが、特典はこの「おもちゃやグッズ」に当たります。

この場合、購入したものは「飲み物」ですが、特典(おまけ)で「おもちゃやグッズ」が付いてきます。

これをクレジットカード現金化に置き換えると以下の様になります。

購入するものは、業者が指定する「写真」や「ストーン」「アート」等で、特典として「購入費用の90%のお金を払い戻す」が付いてきます。

キャッシュバック方式は、商品を返送する必要はなく受け取るだけです。

商品を購入したと同時にお金が振り込まれることになります。

買取方式は購入商品を業者に渡す必要があり、キャッシュバック方式は商品を受け取る必要があることを覚えておくといいでしょう。

買取方式、キャッシュバック方式のどちらの場合でも、購入方法や支払い方法、受取り方法は変わりません。

現金化したお金は、あなたが指定する銀行口座に振り込まれます。

クレジットカード現金化の支払い方法と注意点

クレジットカード現金化を行う場合、ショッピング枠を利用することになりますので普段のお買い物同様、一括払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いなどの支払い方法が選択できます。

クレジットカード現金化業者を利用する場合に必要なもの

クレジットカード現金化の主要方法とされているネット型の現金化業者(現金化サイト)は、、なのでいつでもどこでも好きな時に現金化することができることがメリットです。

手続きも驚くほど簡単ですが、いくつか必要なものがあるのでこれらをご紹介します。

クレジットカード現金化に必要なのは以下4点

  • クレジットカード
  • 本人証明書
  • 銀行口座
  • 電話

クレジットカード現金化業者を使った現金を受けて取るまでの流れ

1.現金化サイトから現金化の申し込みを行う

入力フォームに名前、電話番号、メールアドレス、欲しい金額など簡単な入力をします。

2.業者からの説明

業者から電話連絡があり、どこで現金化商品を購入するかなどの説明があります。 この際にクレジットカードの名義人と申込人が同じかどうかの本人確認が行われます。

本人確認は、通常下記証明書の写しを写真にとってメール(写メ)で送ります。 業者によってはLINEでもOKだったりします。

本人証明書として認められるもの マイナンバーカード 運転免許証 パスポート 年金手帳 学生証やなど準公的機関発行からでもOKの場合があります。

3.現金化商品購入

業者指定の現金化商品をクレジットカードで購入します。

4.入金確認

あなたの指定する銀行口座にお金が振り込まれます。

証明書を送る際の注意点

必要ない部分(本籍地やマイナンバー)はできる限り隠して送るようにしましょう。

優良現金化業者であれば個人情報の取り扱いをしっかりしていますが、万が一悪徳業者だった場合個人情報を悪用される可能性もぬぐい切れません。

また、クレジットカードの裏表の画像を求める業者もいますが、このような業者の利用は特に慎重に考えたいものです。

クレジットカードの裏表を渡すと言うことは、業者があなたに代わって決済できると言うことです。

悪徳業者が手に入れた場合、このクレジットカード情報を犯罪グループに転売したり、不正に利用する危険性をはらんでいます。

クレジットカード現金化の流れ

クレジットカード現金化の流れはとても簡単です。

  1. 現金化サイトのお申し込みフォームから申し込む。
  2. 現金化業者から連絡があり説明を受けます。
  3. 現金化用商品を購入します。
  4. あなたの銀行口座に入金されます。

基本的に受け取るお金は変わりませんが、現金化には買取タイプとキャッシュバックタイプの2つの現金化方法があります。

以下買取タイプとキャッシュバックタイプの流れを解説します。

買取タイプの現金化

クレジットカードのショッピング枠で、高換金率の商品を購入します。

そしてその高換金率の商品を買取業者に売却することでお金をえることができます。

キャッシュバックタイプの現金化

クレジットカードのショッピング枠で、キャッシュバック特典がついた商品を購入します。

キャッシュバックとは、その名の通り購入した金額の一部を払い戻す行為になります。

例えば9000円のキャッシュバック特典がついた1万円の商品があったとしましょう。

1万円で購入しますが、9000円は特典として戻ってきますのでこの場合の還元率(換金率)は90%となります。

ショッピング枠を直接お金にしてしまうと違法となってしまいますが、直接ではなく1手間商品を挟むと合法となります。

そのため、クレジットカード現金化を行う場合は、高換金の商品やキャッシュバック商品を購入した後に現金に換える行為が必須です。

クレジットカード現金化優良店の選び方

クレジットカード現金化業者は数多くあり、中には悪徳と言われる利用してしまうと多大な損をしてしまうような業者もいますので、利用する現金化業者は慎重に選ぶ必要があります。

しかし、見た目だけでどこが優良でどこが悪質なのかの判断することは例え上級者の方でも難しいと言えましょう。

そこで、お役に立てるのが優良認定された現金化業者を利用することです。

優良認定された現金化業者とは、個人ではなくしっかり登記された法人であり長年運営し続け多くの利用者が高い評価をしている業者のことです。

あなたに代わり現金化ニュースが実際に利用した結果、得たリアルな情報を基にして優良かどうかの認定を下していますので、安心と安全が保証されます。

優良認定基準も公開していますのでご自分で実際にチェックを行うことも可能です。

時間が無かったり手間暇をかけたくない場合は、既に優良認定基準をパスした現金化業者を利用することをお勧めします。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化のリスクはいくつかありますが、代表的なのは「発覚リスク」でしょう。

専門店を使わず自己現金化を行った場合に発覚することが多いです。

クレジットカード会社に、ショッピング枠を換金目的で利用したことが発覚した場合、「クレジットカードの利用停止」「債務の一括返済」のリスクが発生します。

もう一つのリスクとして「悪徳業者を利用した被害リスク」です。

現金化業者の中には、ウソだらけの低換金率業者や、お金を振り込んでこない詐欺業者等、非常に悪質な行為を行う業者が残念ながら少なからず存在しています。

街中の金網など括り付けられているカードでお金の看板、電話ボックスや電柱に貼られているカードでお金のシールなどから手続きを行った場合や、ネットでもアメブロなどで運営されていたり、法人がやっていない個人業者を利用した場合に被害にあうケースがあるようです。

回避の仕方は優良認定された業者以外は利用しないことです。

悪徳業者を利用してしまったクレジットカード現金化被害事例

低い換金率

電話で話したら99%と言う驚くほど高い高換金率だったので利用したところ、実際振り込まれたのは20%と信じられないほど低いお金だった。

クレームを言っても、さまざまな理由を付けられ、それ以上のお金を振り込まれることはなかった。

キャンセルも当然できなかった。

取り込み詐欺被害

アメブロでやっていた現金化業者を利用したところ、クレジットカード情報や個人情報だけ取られて1円も振り込まれない詐欺被害にあった。

脅迫

利用したころ、電話で伝えられた換金率ではない低い換金率だったのでキャンセルしようとしたら、業者の態度が豹変しキャンセル費用を原枝の脅迫してきた。

クレジットカードの不正利用

クレジットカードの表と裏の画像を送った。

利用した3か月後にクレジットカードを不正利用された

迷惑電話

利用した後から、ヤミ金や詐欺まがいの勧誘電話が来るようになった。

などなど、悪徳現金化業者を利用してしまったら、振り込まれるお金が少なかったり、クレジットカード情報を勝手に使われたり、個人情報を流されたりする被害が目立ちます。

クレジットカード現金化店舗型業者のメリット

店舗型のメリットは、目の前で現金を受け取れることです。

振込みではないので銀行口座はいりません。

クレジットカード現金化店舗型業者のデメリット

店舗型のデメリットは換金率が低いことと発覚リスクがやや高くなること、そしてトラブルに巻きこまれやすいことです。

店舗型の場合ほとんどが、キャッシュバック型ではなく買取型になり、業者が指定いする買取商品をわざわざどこかで購入する必要があります。

買取商品の多くが新幹線のチケットですので、金額面が10万円等の場合クレジットカード発行会社に現金化目的ととられてしまうリスクが高くなります。

なぜなら、クレジットカード発行会社は、新幹線や商品券がクレジットカード現金化で利用されていることを知っているからです。

そのため、もし利用者が新幹線のチケットを普段からクレジットカードで購入していないのであれば、非常に疑われてしまいます。

また、店舗型の場合は現金化サイトの様な無店舗と異なり店舗家賃などの必要経費が多くかかるため、利益に転嫁する必要あります。

その結果、買取率が低くなってしまう残念なことになってしまうことがほとんどです。

また中には、怖い人たちがやっている場合もあるため、脅迫じみた対応で無理やり条件の悪い契約をさせられてしまったりする被害事例も過去に実際にありましたので注意が必要です。

女性や初心者は特に、店舗型の利用は避けておくことが無難です。

クレジットカード現金化無店舗型業者メリット

無店舗型のメリットは、なんといってもと言うことでしょう。

北海道から沖縄まで日本中どこからでも欲しいと思ったその場で、申し込みしスグにATMからお金が引き出せることです。

土日営業や深夜営業もしている業者もあるので、実質24時間年中無休で現金を受けとれることは大きな魅力です。

さらに、店舗型と比べとても換金率が高いため最も多くのお金を手に入れる方法でもあります。

現金化用の商品は、電子ギフト買取やキャッシュバック方式と言った、業者から指定されるショッピングサイトで購入するだけで現金化できるとても手軽な方法です。

もちろん商品を媒介するので違法性はありませんし、新幹線チケットなど発覚しやすい商品でもありませんのでクレジットカード会社に発覚することはありません。

実は決済代行業者も現金化業者と手を組んでいますので発覚リスクは、ご自分で自白して申告しない限りゼロです。

クレジットカード現金化無店舗型業者デメリット

デメリットは、悪徳業者や違法業者を利用してしまった時に発生します。

振り込まれるお金が少なかったリ、1円も振り込まれない取り込み詐欺にあってしまったり、クレジットカード情報を悪用されてしまったり、個人情報を流出されてしまったりなどの被害があります。

さらに他の悪徳業者にも回され2次被害を受ける場合もあります。

くれぐれも悪徳業者、詐欺業者、犯罪業者、違法業者の利用はしないようにしてください。

悪徳業者を利用しない唯一の方法は、優良認定された現金化業者を利用することを忘れないようにしておきましょう。

クレジットカード現金化を利用する場合のまとめ

クレジットカード現金化は、自己現金化と専門店を利用した現金化の2種類がある。

自己現金化の場合は、クレジットカード発行会社に見つかって利用停止、債務一括返済のリスクが高くなる。

優良の専門店を利用すれば、高換金率、即日入金、発覚リスクゼロと安全に安心してお金をつくることができる。

悪徳業者を利用すると、少ない振込金額や、1円も払われない詐欺被害、脅迫やクレジットカード悪用や個人情報流出など1次被害だけでなく2次被害を受ける可能性がある。

店舗型は、無店舗型(現金化サイト)と比べると換金率が低く、クレジットカード会社に発覚する利用が高くなる。

中には怖い人が運営してトラブルに巻きこまれることがある。

無店舗型は、優良店と悪徳店とさまざま混在しているので、優良店を利用することが絶対条件。

優良店が分からない、心配だったり不安を覚える方は、筆者だけでなく多くの方が実際に利用して間違いなく優良店と言える「認定優良現金化業者」を利用するとよい。

関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/227

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ