alexa

【違法】クレジットカードのショッピング枠を換金する行為は違法なの?利用後に逮捕されたりカードが利用停止になることはあるの?

【違法】クレジットカードのショッピング枠を換金する行為は違法なの?利用後に逮捕されたりカードが利用停止になることはあるの?

クレジットカード現金化 の違法性を検証

今記事では、昨今よくニュースや映画でもよく耳にする「クレジットカード現金化 」の違法性に焦点を当てた検証記録です。

クレジットカード現金化 が違法であるのなら逮捕されることもあるでしょう。

利用者にとっては、このことは自分に降りかかってくることなのでとても大切なことです。

クレジットカード現金化 の違法性は?

結論から言ってしまうと、クレジットカード現金化 の行為自体は違法ではありません。

しかし、使用する理念や実際にお金を手にするまでの過程が大切で、しっかりした手順を踏んで行わないと違法になってしまう可能性があります。

そのため、マクロでは合法なものの、ミクロでは違法も含まれるといった解釈をするといいでしょう。

どの業種でも同じですが、良い会社もあれば悪い会社もあります。

クレジットカード現金化 にももちろんそのことが言え、合法的な手順を踏む業者もいれば逮捕事例で紹介する違法業者も存在します。

合法的な手順を踏めば違法にはなりませんか?

商行為自体は、コンビニでも使用することができるTカードや、ポンタカードと同じポイントバック(キャッシュバック)方式、パチンコの景品換金と同じ三点方式使用した買取方式の2つのため違法ではありません。

しかし、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化 をクレジットカード発行会社は規約で明確に禁止しています。

そのため、キャッシュバックの場合は販売サイトと現金化業者が分離されていること、買取の場合も、販売社と買取業者の関係は全くないもので分離されていることであれば、スムーズに現金化を行うことができるでしょう。

そうでない場合は、違法状態になるので非常に危険です。

分離されていない場合はその業者の利用はできるかぎり控えてください。

そのため、逮捕される違法性はないものの、クレジットカードのショッピング枠を現金を手にする目的で利用することはクレジットカード発行会社の規約違反となります。

万が一「お金を手にする目的でクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化」したことが発覚したら、各カード会社よりペナルティを受ける可能性があります。

ペナルティは幅広いですが一例を挙げると、クレジットカードの使用停止、クレジットカードの使用資格はく奪、クレジットカードで残っている債務の一括返済になります。

どうしたら規約違反になるのでしょうか?

とても微妙なところなのですが、「お金を手にする目的で現金化」ということが発覚した場合に適用されることです。

「お金に換える目的で商品を購入したわけではないけど、たまたま現金が必要になることがあったので、高額で買い取ってもらえる商品を古物商営業許可を受けた業者に買い取ってもらった」

と言うことであれば、「お金を手にする目的での使用には当てはまらない」ので、本来のクレジットカードの利用方法なのでペナルティを受けることにはなりません。

この「お金を作るために」と言う目的が、規約違反と正当利用の境目となります。

クレジットカード会社は取引記録しか見ることができませんので「目的」の判断はできません。

クレジットカード会社側では、現金化の目的がどうかは分かりませんので、この件では発覚することはきわめて稀でしょう。

それは、クレジットカード会社自身が言っています。

日本クレジットカード協会によると、「現金化業者は 1000 近くあるとの情報もあるが、実態は不明。
多くは決済代行業者を通じて加盟店契約しており、事業形態が分かりにくい」そうです。
カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁

どのようにしたら発覚するのでしょうか?

では、どうしたらショッピング枠をお金を作る目的で現金化したことが発覚してしまうのでしょうか?

実は、その理由第一位は驚くべき結果です。

第一位

利用者本人がクレジットカード会社に「自己申告」した

これを聞いて思いませんか?

そんなバカな...と。

それが実は、驚くことにあるようです。

しかも発覚理由第一位!

さまざまな理由がありましょうが、多くは悪徳違法業者を利用したことによるクレームと言えましょう。

「言っていたよりも少ない金額だった。」

「強制的に契約させられたなどです。」

クレジットカード会社に発覚してしまうよりも、ダマされたり奪われたりして取り返すためにはしょうがない、背に腹は代えられない。

利用者の苦渋の選択が浮かびます。

結果、自首のような自分でやったことを警察やクレジットカード会社に伝え、決済を止めてチャージバックを発生させて防ぐ方向になっていきましょう。

第二位

2.悪徳違法業者の逮捕による押収品から証拠として採用され、法的機関からクレジットカード会社に内容が伝達された場合。

悪徳違法業者を利用することは大変なリスクを伴います。

過去にあった事例として、逮捕した業者から押収した中に顧客名簿があり捜査過程等でクレジットカード会社に発覚したことがあります。

そのため悪徳業者に出会わないことが大切です。

第三位

3.第三者による密告。うわさ話や友達から聞いた話などから得た情報をチクる。

法的機関以外にも、クレジットカード会社や、本人自身に情報をチクります。

利用者名簿から得た情報をもとに脅迫や恐喝をしたグループも摘発されていることから、さまざまな理由にせよ存在します。

第四位

4.悪意を持った犯罪者が、現金化業者や自分の端末がハッキングして盗んだ情報を公開や提供

摘発があるかどうかは調査した段階では見つけられませんでしたが、ハッカーと呼ばれる高度な知識を持つ技術者が世の中にはいると言うこと。

10 ways to protect against hackers

エシュロンなどのシステムではネットや回線に繋がった情報すべてが収集されて解析されていますので、エシュロンのような国家レベルのものとはいかなくても企業レベル、個人レベルに落とし込むことだって内容目的では可能です。

目的はさまざまなれど、悪意を持っている以上何か被害を受けることは間違いありません。

ネットや電話を利用しない以外、このようなものを防衛回避する方法は見つかりません。
エシュロン - Wikipedia

などが具体的に考えられます。

クレジットカード現金化 を利用して逮捕されることはあるのでしょうか?

逮捕には2つのパターンに分けられます。

それは利用者が逮捕されるパターンと業者が逮捕されるパターンです。

ある意味もっとも出会いたくないことと言っても過言ではありません。

それでは、利用者と業者の逮捕のパターンをぐっと掘り下げてその可能性を探ってみましょう。

まずは、あなた本人に及ぶかもしれない利用者逮捕について解説します

本人自身一番知りたいことでしょうから、理由は後回しにして、まずは結論から言わせていただきます。

「クレジットカード現金化 を利用して、現在までに逮捕された利用者はいません。」

そう、クレジットカード現金化 に関しては厳密に言うと上述した通り手順によっては違法性の可能性はあるものの、キャッシュバック特典付き商品を購入する手段を取ることから、通常のショッピングと何ら変わらないため、何か罪を犯しているとは言えない通常のクレジットカードの利用になります。

ありえないことですが、利用者本人がわざわざ警察に行って、どうしても自分を逮捕してくださいと懇願しても、通常の買い物をしている以上、罪に問うことは難しいでしょう。

強引に何かの罪を付けようと思っても、先ほど挙げた「お金を作る目的でショッピング枠を利用」を立証することが非常に難しいと言えましょう。

クレジットカード現金化 の利用は、倫理的にはダメ、利用者の逮捕は現在までにはありませんのでこれを聞いてほっとしたことでしょう。

しかし、これはあくまで「しっかりとした安心できる現金化業者を利用した場合のみ」に言えることです。

業者を利用しない個人で利用した場合や、もはや違法なことをしてくる悪徳違法業者を利用した場合は、あなたも逮捕される可能性がありますので、そういったことにならないよう、安全な業者をしっかり見極めることが安心を得るカギと言えましょう。

必要以上に作りすぎず、最低限いま必要なお金だけを作ることが大切とも言えます。

利用者は、安全な業者を利用すれば心配することなく現金化できるものの、個人や悪徳違法業者で行った場合は逮捕される可能性があるので、十分注意して行動する必要があります。

関連記事⇒【必読】クレジットカードの現金化が抱える3つの問題点を正直に話します。

それでは、業者の逮捕はどうでしょうか?

これも、理由は後で説明するとして結論から先に発表します。

「現在までに、逮捕された違法現金化業者は存在します」

そう、考えたくもありませんが逮捕された業者はいるのです。

今も違法現金化業者は存在して、世の中にはまだ逮捕されていない悪徳違法業者もいることでしょう。

その様な業者を見抜けるよう、クレジットカード現金化 業者の逮捕事例をご紹介します。

クレジットカード現金化 業者の逮捕事例

逮捕事例から学び、このような業者に万が一出会ってしまっても利用しなければあなたに問題は降りかかってきません。

逮捕事例:出資法違反(高金利、脱法行為)

逮捕事例その1

2011年8月5日 クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」「キャッシュバックス」の元代表で飲食店経営の男(当時41)=板橋区仲宿=を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。

カードの現金化業者を同法違反で逮捕するのは全国初。

日本経済新聞

逮捕事例その2

2011 年 8 月 5 日に、警視庁は東京都台東区上野 1 丁目の貴金属販売業「インフィニティ」「キャッシュバックス」社長の橋本 幸治容疑者 (41) を出資法違反(高金利など)の疑いで逮捕し、発表しました。

同法違反での立件は、全国初です。
同社は商取引を装って金を貸す「現金化業者」と呼ばれ、クレジットカードによってアクセサリーを買わせる手法で客に高利で金を貸付けていました。

橋本容疑者は 2010 年 3 月上旬から 2011 年 1 月中旬にかけて、千葉県浦安市の男性 (49) ら男女計 4 人に、1 個の原価が 30 ~ 120 円にすぎないおもちゃのネックレスなど十数点を計約 416 万円のクレジットカードローンで販売後、手数料として計約 70 万円を差引いた計約 345 万円を 4 人に振込むなどして貸付けた疑いがあります。

客の多くは、生活費に窮する会社員や運転資金に苦しむ個人事業主でした。

警視庁生活経済課は「客の目的はあくまで借金で、同社の実態は闇金融だ」と判断し、今回の逮捕容疑では「法定利息を約 45 万円上回る額の利息を受取った。金利は法定利率 20 % の 10 ~ 22 倍にもなる」としています。

上記以外にも、2006 年以降の 4 年間で全国 750 人に合計約 5 億円を貸付け、約 8000 万円の利益を得ており、最高 45 回の借入れを行った客もいたようです。

橋本容疑者は 2002 年ごろから高利の貸金業を営んだ後、2006 年に同社を設立して現金化業者に転身したそうですが、容疑を否認する一方、「逮捕されるとは思わなかった」「クレジットカード現金化 には取りっぱぐれがない」とも供述しているそうです。

クレジットカードのショッピング枠現金化の国民生活センターへの 2009 年度の相談件数は 237 件でしたが、2010 年度には 617 件に急増しています。

また、日本クレジット協会によると、「現金化業者は 1000 近くあるとの情報もあるが、実態は不明。多くは決済代行業者を通じて加盟店契約しており、事業形態が分かりにくい」そうです。

買取屋の逮捕

実際の利用者からの苦情が多いことや手順を踏んでいなかったため違法になっていたことが決め手となり警察が動いたようです。

利用者が自己申告したパターンなります。

この男には懲役3年執行猶予5年の有罪判決が出ています。

逮捕事例その3

2013年5月 アダルトサイトの運営者が利用料金を現金で支払う事が出来ない人に対して、クレジットカードで利用料を決済するのでは無く、現金化してから現金を支払わせるという手段で貸し付けていたことから、運営者ら複数人が出資法違反の疑いで逮捕されました。

まず、利用料をクレジットカードで決済出来ないようなサイトですから、俗に言うワンクリというやつではないでしょうか?
こういったものをクリックしてしまう方も情弱過ぎますね・・・。

逮捕事例その4

2013年9月 正規公安登録貸金業者「朋友エンタープライズ」が、支払いが滞った利用者やそのような人の名簿を元にして運営をしていたとされ、売った物をまた買い取るという「買取式」で営業していたらしいのですが、実際は商品の取引は無いまま店舗で現金を渡していたとのこと。

規登録の業者が逮捕されたのはこの件が初めて。

逮捕事例その5

2014年10月 クレジットカードの現金化商法で、違法な高金利で融資したとして、警視庁生活経済課は31日までに、出資法違反(高金利、脱法行為)容疑で、古物商「Pmo」(東京都豊島区)元社長(33)ら5人を逮捕した。

桶屋容疑者らは容疑を認め、1人が否認しているという。

桶屋容疑者らは名簿業者から業績が悪い自営業者や多重債務者の連絡先を入手し、チラシをファクスで送り融資を宣伝。
カードを使って偽の指輪などを購入させ、その後、商品買取を装い高利で貸し付けていた。

4年余りで全国約740人に約14億円を貸し付け、約4億円の利益を得ていたという。

摘発された現金化業者の手法の問題点とは?

こちらも「買取式」を行っていた店舗で代表者の名前を検索すると、過去にも闇金融の営業で逮捕された前科者であった。

逮捕事例その6

2016年03月 東京都上野の地で店舗型のクレジットカード現金化 業者「ギフトショップ天商」が検挙されましたが、店内で衣類やバックを販売して同一経営者が買い取る仕組みが出資と見なされた事によるもの。

所得税法違反(脱税)

逮捕事例その1

2012年7月 警視庁生活経済課は「まごころギフト」「ユニティワン」「ホーミー」「アプローチ」「城南ギフト」の男を割り出し所得税法違反(脱税)の容疑で逮捕しました。

クレジットカード現金化 事業で得た利益を隠していた所得税法違反(脱税)の容疑から逮捕された形です。

「「まごころギフト」「ユニティワン」「ホーミー」「アプローチ」「城南ギフト」など複数のクレジットカード現金化 サイトを運営する男を脱税の容疑で逮捕

悪徳系は闇金あがりが多いです。

クレジットカード現金化 業者が個人で逮捕されるケースはお客様が想像している以上にずっと少なく、2003年以降からこのシステムがあるにも拘らず目立ったのは数件です。

闇金や違法なキャッシングと内容を比較してみると非常に摘発のニュースが少ないのです。

それでも逮捕されるような悪徳系業者が確実に存在しているのも事実ですので、特徴を予め把握し利用する事を未然に防ぐことがベストです。

第一の特徴として、ホームページの細かいデザインのクオリティが低い事が挙げられます。

特にフューチャーフォン用の画像のない陳腐なモバイルページしか存在しないような場合は特殊な詐欺に、絶対に遭わないように注意が必要です。

二番目には電話対応などのサービスが社内で周知徹底されていないことです。

警察に逮捕されたクレジットカード現金化 業者は違法行為以外にもお客様からの苦情が非常に多かったので内密に警察が動いたという摘発のケースがほとんどです。

騙された、何かおかしいなどの違和感や、結局は損をしたと感じさせるようなマナーの悪い所は今後も淘汰されていくでしょう。

クレジットカード現金化 で業者が出資法違反で逮捕

クレジットカード現金化 の業者すべてが逮捕されない、そのワケは?

東京都内の主要駅には駅前に店舗もあります

関東地方の新宿や神田、池袋や吉祥寺などではクレジットカード現金化 業者の店舗を見つけることができます。 駅前のキャンペーンガールによる不特定多数へのティッシュ配りや放置看板も堂々と並んでいます。

本当に違法ならすべて営業停止や逮捕されてもいいはずですが、ここでは実際にそれは行われていません。

既に2002年後半ぐらいから10年以上もずっと摘発されず倒産しないで現金化の経営をしている個人の会社もあるのです。

テレビのニュースからみて逮捕や起訴されるような違法業者は一部であとは2017年現在もグレーゾーンな存在としてずっと生き残っているのです。

その理由として挙げれるのが、このようにまだ全てを取り締まれる法律が完璧にはない事や利用する層が少なからず存在する事が挙げられます。

銀行でお金を作る方法はできても消費者金融は公務員や警察などは職種上で申込できなかったり、会社規約で禁止となっている所もあります。

そういった層のお客様は、通常このシステムがなければ暴力団関連の怖い所に怯えながらお願いしなくてはいけない状況になってしまいます。

今後、規制の変更がありクレジットカード現金化 が詐欺や違法となります。

全面的に摘発されるかどうかは現段階ではわかりません。

こうした地方ニュースの記事などで逮捕されているような悪徳系を嘘の口コミから誤って利用しないように注意しましょう。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は逮捕されるの?

このように少なからず逮捕された業者がいます。

ここまでお読みになられた方には、いままで何度も口をすっぱくいってきたことで、すでにお分かりのことと思いますが、念のため最後の一言を言わせて頂きますと、上記例で紹介したような犯罪業者、違法業者を利用しないように細心の注意を払うことが大切と言えましょう。

クレジットカード現金化 は、行為自体は違法ではないものの手順や利用した方法によっては違法性が高い、または明確に違法と言える行為も存在します。

利用者の逮捕に関しては、クレジットカード現金化 の行為では逮捕されないものの、クレジットカード現金化 以外の犯罪に巻き込まれ、加害者になる可能性があることや、または被害にあってしまうこともあります。

クレジットカード現金化でカードの利用停止処分も!処分を回避する方法は?

クレジットカード現金化を行っていると、突然クレジットカードの業者から、カードの利用を停止することの処分が告げられます。

利用停止が決まった段階で、持っているクレジットカードはショッピングもキャッシングも不可能になってしまいます。利用停止になる原因と、処分を回避する方法を紹介します。

クレジットカード現金化で利用停止になる理由

クレジットカードの現金化を行った場合に、カードの利用停止処分を受ける理由は、本当に買い物で使っていないと判断されるためです。

クレジットカードの会社は、自動的にカードの情報を認識するシステムを持っていて、買い物の履歴などを確認しながら、利用停止を自動的に判断しています。

自動システムで引っかかりやすい原因は、金券などの換金性の高い商品の購入を頻繁に行っている場合、同じ商品の買い物ばかりを繰り返している行為、そして高額な買い物を続けている場合です。

システムで引っかかった段階で、クレジットカードの会社は利用停止の処分を行って、カードが使えないことを説明しています。

復帰までには数年程度かかると言われていて、信頼が確認されるまではクレジットカードの利用を停止し続けるのです。

クレジットカードを発行する状況でも利用停止になりやすい

カードの発行には、審査を受けることになります。 クレジットカードの審査で、ギリギリの状態だった人は利用停止の処分を受けやすく、かなり余裕を持ってクレジットカードを発行できている人は、利用停止を避けることができます。

また、正社員として仕事をしている人は、クレジットカードの利用停止処分を受けづらいので、現金化を何回か行っても処分を受けません。

一方でフリーランスの人やアルバイトの人は、収入不足などを指摘されているので、クレジットカードの現金化を1回行っただけで利用停止の処分を受ける恐れもあります。

利用停止処分を避けるための対策

クレジットカードの現金化を何度も行わず、ある程度の期間を空けてから2回目を行うようにします。頻繁にクレジットカード現金化を行うと、あっさり利用停止処分に繋がります。

数カ月後に2回目を行う方針にして、現金化のサービスを続けないようにします。 また、返済もしっかり行ってください。

一括で返済できる時に一括で返済して、クレジットカード会社に信頼を与える方法が有効にされています。

クレジットカード現金化の使い方と思われても、返済して問題なくお金を返してくれるなら、カード会社はそう簡単に利用停止に踏み切れないのです。

トラブルや犯罪に巻き込まれないために

現金化業者も現金化の手順を省略して怠っていたり、現金か以外での犯罪を行った場合は逮捕され、あなたが巻き込まれる可能性もあります。

そのため、もし利用をお考えであれば、無名業者や信頼の低い業者は絶対に避けましょう。

関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/29

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ