【借金地獄から解放】人生をやりなおすことができる究極の3つの方法をご紹介|一度リセットして明るい未来を踏み出してください!

【借金地獄から解放】人生をやりなおすことができる究極の3つの方法をご紹介|一度リセットして明るい未来を踏み出してください!

借金を負いすぎて債務不履行になったら

あなたが借り入れを行っていて、もしも返済が難しくなり闇金と言われる超高利貸ししかお金の都合をつけられるところがないとしましょう。

他の記事でも述べていますが、闇金融を利用するとまず間違いなく見えてくるのは破滅です。

破たんを引き延ばして引き延ばして気づいたら借金も雪だるま式に増え、収入よりも支払いが多くなってしまいパンクする人が後を絶ちません。

正直お金が必要になった理由などいろいろあるでしょう。

例えば

  • 連帯保証人に書いてしまい債務者が飛んでしまって自分に債務が来てしまったり
  • 親の借金を肩代わりさせられてしまったり
  • ぱちんこ、スロット、競馬、競艇、麻雀などギャンブルにはまってしまったり
  • 返済計画にちょっとずれが出てしまったり
  • 買い物中毒で買いすぎてしまったり
  • 付き合いが多くてキャッシングや借金してしまったり
  • 飲み屋や女の子にはまってしまったり
  • 嫁家族に言えない秘密の趣味があったり
  • 交通事故を起こして任意保険に入っていなかったり
  • 病気を患っていて働くことができなかったり
  • 甘い言葉でよってきたお金儲けに騙されたり

など枚挙に暇がありません

大きなことから些細なことまで人それぞれですが、

  • 自分の収入からもう返すことはできない
  • どう足掻いても破たんが見えている状態

もしそのような悩みをお持ちなら、闇金を利用する最悪な行為よりずっとましな脱出方法があります。

今記事ではそんな借金をナシにする3つの方法をご紹介します。

人生をやり直すうえで、まずは正常な自分を手に入れられれば人は必ず復活できます!

諦めずに明るい未来を掴んでいきましょう

借金をナシにする方法1 債権者と直接交渉する任意整理を利用

任意整理は最もポピュラーな借金をナシにするシステムで、裁判所など国の行政機関を通さず「お金を貸した人と借りた人が直接交渉して債務をナシ(減額)する方法」になります。

個人でもできますが、原則弁護士や司法書士などに代理人として交渉してもらいます。代理人に委託することで債務者本人に債権者からの督促はなくなります。

減額できる金額は条件にもよりますが最大5割程度と考えておくのがいいでしょう。

ただし、長年払っていた時にある過払い金などが発生している場合、逆に支払った過払い利息分が戻ってきて債務がなくなるケースがあります。

弁護士・行政書士の費用

料金は弁護士・行政書士によってバラバラです。相談料無料のところがありますが着手時には最低15万円~がかかることを頭にいれておきましょう。

過払い金が戻ってきた場合、多くの弁護士・行政書士では戻ってきた額の25%(高いところだと50%)の成功報酬がかかります。

任意整理のデメリット

弁護士・行政書士の費用が掛かる

頼めば減額交渉を任せられるので簡単な方法の反面、かかる費用は最低15万円と決して安くありません。

過払い金なども自分で行うこともできますが任せると成功報酬25%以上請求されます。

もし500万円過払い金が戻ってきたら100万円~250万円報酬として持っていけるので弁護士・行政書士にとってはおいしい仕事でもあるわけです。

そのため過払い報酬は定額報酬ではないことが圧倒的です。弱いものを助けるフリをして法律を盾にして庶民感覚ではお金をふんだくられたと思うでしょう。

個人情報信用機関に5年以上登録される

全銀協やCICやJICと言った金融機関が審査時に確認するための個人情報を取り扱う機関に最低5年間記録が残ります。。

すなわちほぼすべての金融機関で最低5年以上新たな借り入れは難しくなるでしょう

借金をナシにする方法2 最大9割減額できる個人再生手続き制度を利用

個人再生手続き制度を利用して借金を無くす(減らす)方法があります。

個人再生手続きは、カンタンにまとめると、今負っている「債務の一部を免除」してもらえます。

個人再生ができる人は以下の2点に該当している必要があります。

  1. 収入証明書を提出できること
  2. これからも収入見込みがあること
  3. 5000万円以下の債務であること

どうやってやるの?どんな時にできるの?

返済金額に対して不釣り合いの場合、裁判所に申し立てすることができます。

たとえば1000万円の債務を負っていたとしましょう。 その場合、まず5年で400万円を返済するという申し立てを地方裁判所に行います。 申し立てが裁判所に認められて、実際に5年で400万円を返済できれば、残りの600万円の債務は免除されます。

最高では9割減額にもなる非常に大きい借金をナシにする方法です。

この方法は、借金したけど思っていた以上に利息が高くて大変で苦しくなってきたケースなどで利用できます。

かみ砕くと「もうある程度払ったわけだし、そんな取らなくてもいいんじゃない?ねぇ負けてよ~」といった感じです。

この方法は、「債務をすべて放棄ではなく一部免除」になるだけです。

自己所有物件などの資産を手放すことは必要ありません。

何かとられるというわけではなく、あなたの状況を裁判所が見て「あなたの状況だとそれは辛いよね」と思ってくれたら免除してもらえるのでデメリットはあまりありません。

しかし貸す方にとっては本来もらえるものが裁判所の鶴の一声で貰えなくなってしまうので面白いわけがありません。

ゼロではなかったけど、こいつには2度と貸さないぞ」と思われても不思議ではありません。

個人再生のデメリット

先ほどデメリットはあまりありませんと言いましが2つほどあります

個人情報信用機関に5年間登録される

全銀協やCICやJICと言った金融機関が審査時に確認するための個人情報を取り扱う機関に最低5年記録が残ります。すなわちほぼすべての金融機関で任意整理と同じく5年以上新たな借り入れは難しくなるでしょう。

借金を減額する方法の仕組みとメリット・デメリットを徹底解説

官報に記載される

一般の人が見ることはあまりありませんが、国が発行する新聞のようなものに記載されます。個人再生以外には会社を廃業するときやNPO団体を廃業するときも記載されます。

詳しい手続きを知りたい方は裁判所のウェブサイトでご確認ください。

裁判所:個人再生手続利用にあたって

借金をナシにする方法3 債務放棄の最終手段、自己破産を利用

個人再生手続きを利用することもできず借金がかさみどうしようもなくなったら「自己破産することで債務をナシ」にすることができます。

個人再生手続きや民事再生手続きの様に収入が必要ではなく、たとえ全く収入がなくても手続きができることです。

自己破産に必要なものは

  • 地方裁判所への申し立て代
  • 予納郵券代
  • 予納金(財産がある場合は50万円以上、無い場合は2万円程度)
  • 弁護士を頼む場合は弁護士費用

がかかります。

弁護士によって弁護料は異なりますが、自己破産を得意とする弁護士事務所では30万円前後の報酬が最も多いので相場の目安として覚えておいてください。

その様に多少の負担がかかるものの、借金の額がいくらでも債務がすべてなくなるというのは大きな魅力とも言えましょう。

自己破産は究極の債務免除法だがそれなりのデメリットもある

しかし、当然ですがメリットだけではありません。

債務を帳消しにするということは「債権者にとって不渡りを掴まされるのと同じ」ことです。

現実貸したお金は一生返ってきません。

そのように、貸した方には多大な不利益を与えるのが自己破産です。もし自由に何回でも自己破産できるなら多くの方が利用することでしょう。

しかし、世の中そのようにはまわっていません

アメリカでは価値観の違いで債務放棄を何回しても許される風潮がありますが、日本ではそうはならないのが現実です。

自己破産は、債務を放棄させる最終手段

この最終手段を使う以上、債務者にも相応のデメリットを付加させます。

自己破産する人はあくまで自分の債務を放棄しますので、その場合通常では「債務は減免されることなく連帯保証人に移行」します。

連帯保証人が自己破産した場合、債務は消滅し貸した方が丸損します。

自己破産の連発を防ぐためにも一度自己破産をしたら最低7年間は、自己破産を行うことはできません

官報に、自己破産者の名前が明記されます。 自己所有している資産はほぼ差し押さえられます。

自己所有の不動産や動産も差し押さえられ競売などで債務の返済に充てられます。 また金融機関が利用する、個人情報管理企業のCICやJICCや全銀協などに金融事故を起こした者としてブラックリストに登録されます。

お金を貸す側は、審査時にその本人が以前に借り入れをしていたかどうか、返済状況がどうだったのかを全銀協やCICやJICCを通じて確認します。

ブラックリストは、自己破産や民事再生、債務不履行した、貸す側にとって最も出会いたくない人たちが掲載されているリストです。

そのためブラックリストに載った人は、貸す側にとって「貸した金を返してもらえない確率が高い人」なので審査条件のハードルが非常に高くなります。

このことから、ブラックリストに記載されていると、一般的には審査が通りませんのでお金を作ることができなくなります。

ブラックリストは通常掲載後から「5~7年経過すると削除」されていきますが、場合によっては20年リスト掲載されることもあります。

これまでご紹介した3つの方法(任意整理、個人再生、自己破産)すべてで共通したものは、相当長い期間お金を借りることができないことでしょう。

ブラックリストになってしまった場合お金の作る方法はあるの?

但しクレジットカードを持っているまたは作れた場合は金融事故を起こしていてもお金を作ることができます。

この方法は「クレジットカード現金化」と呼ばれています。

クレジットカード現金化を行うためにはクレジットカードが必要になります。

もしクレジットカードを持ってない方は、クレジットカードの作り方・更新の流れを解説|お得な利用方法もご紹介にて詳しく解説しているのでご覧ください。

金融事故を起こしブラックリストになってしまった方からよく聞かれるお金の作り方ですが、【王道】ブラックリストの人でもクレジットカードを作れるって本当!?目からウロコ3つのヒミツの裏ワザとテクニックも公開と言う記事にて詳しく解説しているのでご参考ください。

関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/31

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ