alexa

クレジットカード現金化を安全に実現する!優良現金化業者の比較、現金化方法、注意点を解説し確実にショッピング枠現金化を成功させます!

クレジットカード現金化を安全に実現する!優良現金化業者の比較、現金化方法、注意点を解説し確実にショッピング枠現金化を成功させます!

クレジットカード現金化に迫る‼

累計100万人以上が利用、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を作る方法として幅広い年代から支持を得ているクレジットカード現金化ですが、現在はどのようになっているのでしょうか。

本記事では、

  1. クレジットカード現金化の最新事情
  2. クレジットカード現金化の関連情報
  3. クレジットカード現金化優良業者情報

を通して、はじめて現金化を行う方でも迷わずに、クレジットカード現金化で確実にお金を受け取る方法」を徹底解説します。

さらには、クレジットカード現金化に潜む違法性や危険性も余すことなく公開し、誰もが安心してショッピング枠の現金化を実現できるための情報を掲載します。

過去30年以上にわたって人々から支持されている「クレジットカード現金化(別名:ショッピング枠現金化)」は、何故支持されているのか、その魅力に迫ります。

それでは、まず初めに「クレジットカード現金化とは?」を解説します。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、一言でまとめると「クレジットカードのショッピング枠を利用した換金サービス」のことです。

もう少し分かりやすく言うと、クレジットカードに付随しているショッピング枠で換金用商品を購入後、専門の買取店を使い現金買取することで、実質お金を作って受け取れるサービスのことです。

クレジットカード現金化でお金を作りの悩みを解決!

クレジットカードには通常、

  1. ショッピング枠

    主にお買い物用途として利用される
  2. キャッシング枠

    カードローンなどお金を借りる

と言う2つの枠が備わっています。

この2つは似ているようですが、法律的には全く異なるもので、

  • ショッピング枠は「割賦販売法
  • キャッシング枠は「貸金業法

に属します。

一般的にイメージするカードキャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる行為のことです。

この場合、貸金業法に縛られることになるため、実際お金を手にするまでに以下の様な様々な条件が発生します。

  1. 総量規制

    年収の3分の1までしか借りることができません。
  2. 収入証明書の提出

    税務署に申告しているご自分の収入を証明する必要があります。
  3. 在籍確認

    働いていなくてはならないため、提出する職場に本当に勤めているかどうかの電話連絡での確認が行われます。

一方、今回紹介するクレジットカード現金化はショッピング枠を利用します。

この場合、貸金業法ではなく割賦販売法の枠組みに属するため、貸金業法で必要な条件が適用されることはありません。

そのため、ショッピング枠は

  1. 総量規制
  2. 収入証明書
  3. 在籍確認

が必要ないのことが大きな特徴です。

ショッピング枠は「総量規制」「収入証明書」「在籍確認」が必要ありません

ショッピング枠は、貸金業法の下ではありませんので、年収の3分の1までしか借りれない総量規制に抵触することはありません」。

たとえキャッシングで借り入れが一杯になっていても、ショッピング枠で設定される額面いっぱいまで利用することができます。

収入証明書の提出も必要ない」ので収入証明を取得しずらい学生、主婦でも利用可能です。

さらには勤務先への「在籍確認も必要ない」ので無職の方でも利用可能です。

このような誰でも利用可能なショッピング枠から現金を作る錬金術をクレジットカード現金化と言います。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際、どのような流れになるのでしょうか?

カードでお金をつくるショッピング枠を使った「クレジットカード現金化の方法」はとても分かりやすいです。

クレジットカードでお金を得る2つの方法

クレジットカードを使ってお金にできる方法は大きくわけて、

  1. キャッシング枠」を使った方法
  2. ショッピング枠」を使った方法

の2つにわけられます。

お金がほしいケースやあなた自身が置かれている立場によりどちらがいいか変わってきます。

カードキャッシングはお金を「借りる

クレジットカードを使ってお金を手にすると言ったら、一般的なイメージは「キャッシング枠を使ったカードローン」と呼ばれるような借り入れ方法でしょう。

カードショッピング枠はお金を「つくる

しかし本記事では、あまり知られていない「ショッピング枠からお金をつくる方法」に着目して、解説を進めていきたいと思います。

クレジットカード現金化は優良サイトを利用することが重要

さて、このクレジットカード現金化ですが、いったいどうやればお金を手にすることができるのでしょうか?

現金化の方法はいくつかありますが、結論から言ってしまうと、専門の現金化業者が運営している現金化サイトを利用することが最も安全で希望のお金を手にすることができます。

現金化サイトはネット申し込みが一般的なため、来店する必要がありません。

そのため、お金がほしいと思ったその場で手に入れることが可能です。

24時間年中無休で申し込みができる上、来店する必要もなく手軽で、日本全国どの地域にいても平等、高い換金率で現金化を実現することができます。

しかし、現金化サイトの中にはピンからキリまであり、実際に振り込まれる金額が少なかったりする非常に悪質なサイトもいるため、「優良現金化サイト」を利用することが現金化を成功させるための重要な要素となってきます。

ただ、はじめての方や2~3回利用した方などは、正直なところどこが優良店か分からないと思います。

そのような方のために優良認定された現金化サイトを紹介しますので、現金化で失敗したくない方や、ダマされたくない方、利用したいけどまだちょっと不安を覚える方はご参考下されば幸いです。

クレジットカード現金化は様々な現金化方法があります

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、消費者金融からお金を借りるわけではないので、手にする現金に対して受け取るための理由は必要ありません。

例え、消費者金融から上限まで借りていたり、キャッシング枠を上限いっぱいまで使い切っていたり、万が一金融事故なのでブラックリストに掲載されていたとしても、クレジットカードを持っていてショッピング枠が残っていれば現金化して資金調達ができるところは大きな魅力と言えましょう。

近年は、クレジットカード現金化も様々な方法が出現しています。

一例を挙げると

クレジットカード現金化の様々な方法

    クレジットカード現金化方法の一例

  1. クレジットカード現金化

    クレジットカード現金化業者が指定するキャッシュバックや買取商品をクレジットカードのショッピング枠で購入して現金化する王道の現金化方法
  2. アマゾンギフト券の現金化

    大手ネット通販サイトのAmazonが発行するAmazonギフト券をクレジットカードで購入した後、Amazonギフト券買取サイトに売却してお金を受け取る現金化方法
  3. グーグルプレイカードの現金化

    アルファベット傘下の検索大手会社のGoogleが発行するGoogleplayカードを、クレジットカードやケータイキャリア決済で購入した後、Googleplayカード買取サイトに売却してお金を受け取る現金化方法
  4. iTunesギフトカードの現金化

    ダウ平均にも組み込まれているApple社発行のApp&Store iTunesカードを、クレジットカードやケータイキャリア決済で購入した後、iTunesカード買取サイトに売却してお金を受け取る現金化方法
  5. 楽天ギフトカードの現金化

    FCバルセロナの冠スポンサーにもなっている国内大手通販サイトの楽天が発行する楽天ギフトカードを、クレジットカードで購入した後、楽天ギフトカード買取サイトに売却してお金を受け取る現金化方法
  6. ニンテンドープリペイドカードを換金

    世界中が魅了する、国民的人気ゲームを次々輩出する世界に誇る日本の大企業の任天堂が発行するニンテンドープリペイドカードをクレジットカードで購入した後、ニンテンドーカード買取サイトで現金化する方法
  7. 携帯電話キャリア決済の現金化

    NTTドコモauSoftbankで利用できるケータイキャリア決済機能で現金化用商品を購入してキャリア決済現金化業者に売却することでお金を受け取る方法
  8. nanacoギフトカードの現金化

    全国最大数のコンビニチェーンのセブンイレブングループが発行するnanacoギフトカードを、クレジットカードで購入したりAmazonギフト券に換えてnanacoギフトカード買取サイトやアマゾンギフト券買取サイトに売却することでお金をつくる現金化方法
  9. Webmoneyカードの現金化

    通信キャリア大手のauの子会社ウェブマネー社が発行する電子マネーWebMoneyカードをクレジットカードで購入した後、ウェブマネー買取サイトに売却して現金を受け取る方法
  10. PlayStationStoreカードの現金化

    株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発行する、世界中で大人気のプレイステーションサービスに使える、PlayStationStoreカードをクレジットカードで購入した後、PlayStationStoreカード買取サイトで現金化する方法

などがあります。

この様にさまざまな現金化方法が出てきたことから、より便利になり幅広い年代、職業の方から利用されているのが現状です。

カードでお金なら、金融事故を起こした方でも可能

過去に金融事故

  • 返済しなかった(滞納遅延)
  • 自己破産
  • 民事再生
  • 債務整理
  • 特定調停

など債務を免責する行為を起こした場合、債権者側にとって未回収リスクが高まるため、通常お金を借りたり作ったりすることは難しいものでした。

しかし最近では、ギフト券、ギフトカード、プリペイドカードを買い取る現金化方法が増えたことにより「事故を起こした方でもお金を作れる」ようになりました。

iTunes ギフト カード 売却|最高換金率94%を実現する方法と買取サイトを発表!|アイチューンズギフト券買取サイト人気ランキング Amazon ギフト券 現金化|9つの換金方法を解説します!|アマゾンギフト券を90%以上で換金する! 【禁断】グーグルプレイギフトカードを現金化する最も賢い方法 【コツ】クレジットカードのショッピング枠を現金化する15個のコツ

クレジットカード現金化の3方式

王道のクレジットカード現金化は、

  1. 買取型
  2. 店舗型
  3. キャッシュバック型

と3種類の方式があります。

ここではこの3つの方式を解説します。

クレジットカード現金化方法 その1:買取方式

買取型のクレジットカード現金化業者を利用した場合は、以下の様な形で現金化が実現します。

  1. クレジットカードで業者指定の高価買取率商品を購入
  2. 購入した商品を、専門の業者が買い取る形で現金化
  3. 買い取り代金のお金を受け取る、または振り込まれる

買取型クレジットカード現金化:申込から現金化までの流れ

  1. 申し込み

    公式サイトの申し込みフォームまたは直接電話で申し込みします。
  2. 買取商品を購入

    連絡があり説明をうけ問題無いようなら、クレジットカード現金化業者が指定する「高価買取する商品」をクレジットカードで購入します。
  3. 買取業者に売却

    古物商買取業者に購入した商品を売却する。過去では郵送する必要はありましたが、現在ではデジタル商品を購入することでメールで送ることができるため、宅配業者を使う手間も時間も必要なく、すぐに換金手続きに入り即日お金を受け取ることができます。
  4. 入金確認

    買取業者からご自分の銀行口座に振り込またことが確認出来たら終了です。

入金確認ができる時間

最短:15分

換金率目安

購入した商品価格の75%~90%

    買取型クレジットカード現金化のメリット

  • 素早い即金性を持つ。デジタル商品の場合「最短10分で入金」で入金を実現。

    買取型クレジットカード現金化のデメリット

  • 家電やオーディオ機器、カーナビなど家電買取業者など配送手続きが必要の場合、現金化までの日数がかかる場合があります。

クレジットカード現金化方法 その2:店頭来店型

  1. 来店し申し込み

    店舗に行き、直接お金が欲しいことを伝えます。
  2. 買取商品を購入

    業者から指定される商品を買いに行きます。購入商品は主に各種電子マネー、ギフト券、ビール券、商品券、新幹線の回数券です。
    ※各種電子マネー、ギフト券、ビール券、商品券、新幹線回数券を購入する場所は、JRみどりの窓口、別の金券ショップやディスカウントストアなどを利用します。
  3. 買取業者に商品を売却

    現金化業者の店舗に戻り、購入した各種電子マネー、ギフト券、ビール券、商品券、新幹線回数券を売却します。
  4. 入金確認

    買取代金をその場で受け取って終了です。

入金確認ができる時間

2~5時間

換金率目安

購入した商品価格の50%~70%

    来店型クレジットカード現金化のメリット

  • 現金のやり取りは手渡しになるため、銀行口座を用意する必要はありません。

    来店型クレジットカード現金化のデメリット

  • 換金する商品によっては配送する必要があるため「即日現金化不可」です。
  • 換金用の商品を買いに行くため、大切なご自分の「時間が拘束」されます。
  • 店頭に赴く必要があるため「交通費は自腹」になります。

クレジットカード現金化方法 その3:キャッシュバック型

  1. 申し込み

    現金化業者公式サイトの申し込みフォームまたは直接電話で申し込みします。
  2. キャッシュバック付き商品を購入

    連絡があり手続きの説明を聞いて問題無いようなら、クレジットカード現金化業者が指定する「キャッシュバック特典付き商品」をクレジットカードで購入します。

  3. 特典発動

    購入した時点でキャッシュバック特典が発動しますので、即日でご自分の銀行口座にキャッシュバック金が振り込まれます。
  4. 入金確認

    入金確認と商品の受け取りが完了したら終了です。

キャッシュバック付き特典商品とは?

商品には特典(おまけ)を付けることが認められています。(例:おまけ付きのお菓子、バッグが付録の雑誌など漏れなくもらえるもの)

この特典(おまけや景品)を「商品価格の○○%を現金で戻す(キャッシュバック)」と言う特典にすることで、キャッシュバック金を振り込むことを合法的に可能にしています。

例えば5万円分のキャッシュバック特典が付いた商品が、5万5千円で売っていたとしましょう。

この場合、5万5千円の商品をクレジットカードで購入します。

この商品をクレジットカードで購入した時点で、特典が発動され、あなたの口座に5万円が振り込まれます。

このケースでは、

  • 5万円÷5万5千円=換金率90%

でクレジットカード現金化を行えたことになります。

キャッシュバック型クレジットカード現金化の特徴

  1. 好きな時に現金化が可能

    24時間365日、年中無休でネットから申し込みできます。欲しいと思ったその時に、その場で現金化を実現することが可能です。

  2. 即日入金は当たり前!素早い振込みで急な資金繰りにも対応

    クレジットカード現金化業者の大きな特徴は、即日即金が実現しやすいことです。

急にお金が必要になった

今すぐまとまったお金がほしい

など利用者の切実な要望に柔軟かつスグに対応可能です。

入金確認ができる時間

最短3分

還元率目安

購入した商品の75%~92%

    キャッシュバック型クレジットカード現金化のメリット

  • 「換金率が高い」傾向にあります。
  • スマホ・パソコンを使って3分で現金化が実現する即金性を持っています。

    キャッシュバック型クレジットカード現金化のデメリット

  • 入金された後日、キャッシュバックの為に購入した商品を受け取る必要があります。

買取方式、店頭方式、キャッシュバック方式による換金率・還元率の違い

最も換金率(買取率や還元率)が高い方法は、「ネットで完結」するクレジットカード現金化サイトを利用することです。

必要経費が多くなってしまう「店頭の現金化業者は換金率が低い」ので注意しましょう。

ネットバンクは、365日24時間、即反映するのであると便利

カードの現金化やギフト券を買い取る専門サイトでは、ほとんどすべての現金化業者(換金業者)がネットバンク対応をしています。

ネットバンクですと、都市銀行や信用金庫など朝9時(8時30分もある)から15時までしか当日受付しないということがなく、土曜、日曜、祝日など関係なく24時間稼働しています。

多くのネットバンクでは、24時間入金を反映できるようになっています。

24時間即時反映する銀行を利用すれば急な用立てにも対応可能

    365日24時間、即時反映する銀行

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行※1
  • セブン銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • その他、全銀ネットに加盟する銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などほとんどの金融機関

2018年10月より、ほとんどの金融機関で24時間即時入金反映になりました

2018年10月9日(火)から、全銀ネットが「24時間365日」、他銀行間での即時振込に対応することとなりました。

クレジットカード現金化業者が振り込んできた時点でリアルタイムに反映しますので利用者にとっては、ますます便利になっています。

対応している金融機関を調べるには、下記「全国銀行資金決済ネットワーク」の公式サイトをご参照下さい。

全銀ネット(全国銀行資金決済ネットワーク)

そのため、ショッピング枠現金化は土日でも即日即金でお金を得られます。

ネット型のクレジットカード現金化は、日本全国どこにいても来店する必要なくお申し込みいただけます。

365日24時間、現金化が可能で土日でもすぐに振り込み、入金反映され現金を手にできます。

クレジットカードを持っていなくてもできる現金化方法も出てきました。

この様に、お金を作る新たな一手として注目され支持されており、今もどんどんその活躍の場を広げています。

Amazonギフト券現金化|9つの換金方法を徹底解説|アマゾンギフト券を換金する!

ギフト券買取業者を徹底比較して得たマル秘情報!

クレジットカード現金化の利用はどこでも安全?

クレジットカード現金化の危険性(リスク):カード利用規約の禁止行為

今まで聞いただけですと、クレジットカード現金化は正に夢のような方法であるかのような言い方ですが、実際はやはりそんな甘いものではありません。

実は、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化は、カード会社の利用規約に抵触してしまいます。

クレジットカード発行会社のほとんどの企業が、ショッピング枠を使った クレジットカード現金化 の行為自体を認めていません。

カード会社はショッピング枠の現金化行為を認めていないワケ

なぜカード会社がショッピング枠の現金化行為を認めないかというと、本来お買い物に使う信用を現金に換えてしまう行為は、実質お金を借りていることと同じになるからです。

審査を隔てずお金を誰でも実質借りれるとなれば、計画的でないお金の借り入れにも繋がり、多重債務者を助長させると言った理由や、倫理的に反すると言うグレー要素を含むということも理由の一つです。

クレジットカード現金化は安全な手順を踏むことが大切

クレジットカード現金化はしっかりとした手順を行えば、その行為自体は法に触れることなく現金化が実現する、だれでも利用可能な数少ないお金作りの方法と言えましょう。

クレジットカード現金化の主流はキャッシュバック方式と買い取り方式

現在主流のキャッシュバック型と呼ばれる方法は、極めて安全になります。

現金化ってなんとなく頭でイメージしてみると、質屋やブランドショップに持っていって買い取ってもらうシーンを思い浮かびませんか?

確かに、この方法も多く利用されている主流の方法でもありますが、最近はキャッシュバックと言われる方法と二分されています。

キャッシュバック式ともキャッシュバック型ともいわれる方法ですが、単刀直入に言ってしまうと、その名の通り「キャッシュバック = お金を戻して現金を得る」方法になります。

さて、クレジットカード現金化における1つ目のリスクは、そもそもカード利用規約によって認められていないというものでした。 

2つ目のリスク:カード会社に発覚する

それでは2つ目のリスクはどうでしょうか?

1つ目の延長線と言ってもいいかもしれませんが、発覚するとクレジットカードの資格停止や、現在までに残っている支払い債務の一括返済など思いペナルティが課される可能性があるということです。

クレジットカード現金化は、そもそもクレジットカード発行会社の利用規約に抵触し違反している行為です。

多くの利用規約では、違反行為があった場合、該当人物に対して、使用資格の停止、すなわちカードの利用不可や、新規借り入れ停止、ひどいものだと、カードを使用する資格をはく奪するだけでなく、それまでに組んでいたショッピングローンや同じカードでキャッシングしていれば、その分も含めて即時一括返済を求められることもあります。

このように、リスクの大きさは決して小さくありません

もちろん見つからなければ停止されることも一括返済する必要もありません。

しかし、クレジットカード会社も馬鹿ではありません。

クレジットカードのほとんどすべての会社は、すでに危険な人の特徴や行動パターン、どのようなものが現金化されているかはすでに知られており、人工知能によって自動的に発見できる方法を採用していると言われています。

判別パターンには色々あるものの、大概引っかかるのは目立つ行為を行うとき。

たとえば、

  • 2つ以上持っていると不自然なものを定期的に買っている。
  • 属性が合わないもの(女性名義で男性用品の購入)で換金性の高いモノを限度額近く買っている。 
  • 換金率の高い同じものを、一度以上大量に買っている
  • 金券、ギフト券、商品券などをクレジットカードで直接購入するなど
  • 不自然に新幹線チケットをクレジットカードで購入している

「なんだそんなことかよ、そんな馬鹿なことしないでしょ。」

そう思われるかもしれませんが、実は発覚する理由のベスト10に入っています。

周りから見ればそんな無茶なと思うことでも、本人は普通と思ってなかなか気が付かないものです。

万が一、自分では気づかないで現金化利用と思われる商品購入をすると、あなたのもとにクレジットカード会社から連絡があるでしょう。

そして、クレジットカード利用の用途を詳しく問い詰められることでしょう。

これも無視してしまうと、その後の情勢は、かなり悪くなってしまいます。

資格停止はく奪の可能性が高まり、同時にクレジットカード契約の強制解除の可能性も高くなってきます。

クレジットカード会社は統計を元にした過去データを豊富に持っていて、その統計から現金化利用に抵触するような動きがあると、カード使用資格停止の連絡が来て使用停止に至ります。

通常、常習の様な違法性がある悪質な場合を除き使用停止期間は短いものですが、万が一違法性がある悪質と判断されると利用停止だけでなく、カード会社との契約を強制解除されることとなります。

強制解除されると、現在までに残っているリボや分割の残り債務を、即時一括で請求されることが多いです。

3つ目のリスク:自己破産ができない可能性がある

次のリスクは、ある限定の人だけにかかるリスクですので、多くの人には関係ありませんが、先々いつどうなるのか分からないので目を通して、そんなこともあるんだなくらいでいいので頭の片隅に置いておきましょう。

それでは3つ目のリスク、自己破産ができない可能性ができる。について解説します。

自己破産と述べましたが、その他に個人再生手続き、民事再生手続きも該当します。

自己破産、個人再生、民事再生についての解説はこちらをお読みください。

個人再生手続き、民事再生手続き、自己破産|借金をナシにする方法

自己破産、個人再生、民事再生を行う際は、破産法の元、裁判所に申請して裁判所が免責許可を発令する必要があります。

破産法はたくさんの条件や定義が記述されています。

法律文は私だけかもしれませんが、やたらと難しく漢字とカタカナだらけの分かりずらい文章のため、理解できる前に眠たくなってしまいます。

しかし、クレジットカード度現金化において、見逃してはいけない記述が1つあるので、これだけは覚えておきましょう。

それは、破産法252条1項2号に記述されており、その内容は、


「破産手続の開始を遅延させる目的で,著しく不利益な条件で債務を負担し,又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと」

破産手続が開始されるのを遅らせることを意図して,高利の借金をしたり,カードで物を買ってその物を安く換金してしまったりすると,免責不許可事由に当たります。「不当な債務負担等の行為」と呼ばれます。

免責不許可事由にはどのような種類があるのか?

カンタンに言うと、ヤミ金からお金を借りたり、幹線の回数券をカードで買ってそれをチケット屋で換金したりする買取式のクレジットカード現金化という場合です。

このため、自己破産、個人再生、民事再生の免責許可申請を得ようとして、買取式のクレジットカード現金化の行為が発覚してしまった場合は、免責許可がおりない場合があります。

免責許可がおりないということは、債務(借金)が減ることがないということです。

これは、自己破産、個人再生、民事再生をする方にとっては、致命的なことと言ってもいいでしょう。

しかし、キャッシュバック式クレジットカード現金化などの現金化行為は、買取ではなく商品を購入した特典としてお金が戻ってくる仕組みのため、記載上は何の問題もない商行為になります。

そのため、クレジットカードの利用履歴しか確認できない裁判所は、現金化した事実を把握する術がありません。

換金目的と取られることは、自分で「換金目的で利用した」と自己申告しない限り、現金化の証拠はありません。

裁判所に現金化の事実が確認される可能性は、自己申告を除きかなり低いと言えましょう。

ただし、これは優良なクレジットカード現金化業者を利用した場合です。

違法性がある悪質犯罪違法業者も少なからず存在するので、万が一このような業者を利用した場合はこの限りではありません。

自己売買現金化のリスク

驚くかもしれませんが、業者を使わない自己売買現金化はショッピング枠の現金化行為が発覚する可能性が高くなるということです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する15個のコツで詳しく述べていますが、自己売買現金化はリスクが伴います。

自己売買現金化は、換金性の高い商品を購入する必要がありますが、リスクがここに潜んでいます。

それは、「クレジットカードを利用すると必ず利用履歴と言うものが残ること」です。

この利用履歴に換金性の高い商品購入がずらっとならんでいたらどうでしょう。

まず、クレジットカード発行会社に目をつけられることは間違いありません。

そして、利用停止や資格剥奪などのペナルティが起きる可能性がある上に、裁判官の心証も非常に悪くなるでしょう。

そのため、悪徳業者を利用した現金化や自己売買現金化はリスクが非常に高いためお勧めできるものではありません。

クレジットカード現金化行為における一番のリスクとは?

ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化で、あなたにとって一番痛いダメージなことと言ったら、クレジットカードの資格停止、利用停止でしょう。

いまお持ちのクレジットカードが使えなくなるわけですから、たまったもんじゃありません。

しかも、資格停止(いわゆる強制退会)をくらった場合は、最悪です。

クレジットカードが使えなくなるだけでなく、今まで利用しているショッピングローンもすべて強制解除となるため、例えばリボ払いや分割払いにしているすべての残りのお金を、今すぐ一括で支払わなければならなくなります。

それは、一時の猶予もなく、無慈悲に請求されます。

もし払えないものなら、延滞料金の発生や民事訴訟、最悪詐欺罪などの刑事罰の可能性も含まれることでしょう。

そして、一度でもそうなってしまったら、CICなどの個人情報管理会社にブラックリストとして登録されてしまい、ほかのクレジットカード会社にも知られてしまうことになります。

クレジットカードを別の会社で新規に作るときに、このブラックリスト情報が出てくることになりますので相当厳しい審査となり、新たにクレジットカードを作ることが非常に難しくなってしまいます。

このような、万が一が起きた場合取り返しのつかないことになるので、このリスクを軽んじては決していけません。

このため、クレジットカード現金化を行う場合は、決してカード会社に発覚しない方法を行うことが重要になってきます。

【リスク回避】クレジットカードを使って現金化した時のリスクと回避方法を徹底解説

換金率、還元率とは?

  1. 換金率=買取型業者を利用した場合のお金にできる割合
  2. 還元率=キャッシュバック型業者を利用した場合のお金にできる割合

現金化の手続きに必要な4点

現金化する際に用意しておくもの

  1. 申し込みする端末

    ケータイ、タブレット、パソコンのいずれか。業者の公式サイトに設置されている申込みフォームから申し込む必要がありますのでインターネットにつなげる端末が必要です。
  2. クレジットカード

    クレジットカード(お買い物限度額が残っている状態)自分名義のクレジットカードが必要です。(他人名義は不可)
  3. 銀行口座

    業者からお金を受け取るための銀行口座。クレジットカードと同じ名義である必要があります。
  4. 身分証明書

    クレジットカード、銀行口座と同じ名義の、運転免許証・健康保険証など、本人が確認できるものが必要です。

クレジットカード現金化の流れまとめ

以上がクレジットカード現金化の流れになりますが、いかがでしたでしょうか。

難しそうや不安と思っていた方でも、いざ聞いてみると思った以上に簡単だなと思った方もいらっしゃるかと思います。

手続きから入金まで最短15分や、審査なしと言ったサービスなので、急いでいる方や、キャッシングを断られた方も利用可能なのでとても心強いサービスと言えましょう。

お金に困ったときは一度このクレジットカード現金化を考えてみてはいかがでしょうか?

初めての方や利用に不安を感じている方は、安全が確認された認定現金化業者を利用するといいでしょう。

この記事があなたのお金作りのお役に立てれば幸いです。

最高換金率、最短3分で現金化、土日祝日対応、15時以降入金可能 女性スタッフ在籍の優良現金化企業はこちら

関連する記事

【新着・更新】最新10記事

属しているカテゴリ

ランキング一覧

属しているカテゴリ

カテゴリ一覧

関連記事

人気記事

調査済みギフト券買取サイト

現金化体験談

併せて読みたいオススメ記事

その他お得な記事

関連タグ