クレジットカード現金化 方法:『買い取りサービス』

クレジットカード現金化 方法:『買い取りサービス』

カードローンも落ちて借り入れ不可能

実際に私もカードローンの申し込みをしたことがある。

仮審査や在籍確認など、数段階に分けてその手続きが必要になってくるためどうしてもすぐに現金を手に入れることはできなかった。

もちろん、予めカード発行さえ済ませていれば話は別だが、少なくともローンをすでに幾つか組んでいる私の場合、これ以上の借り入れは不可能な状況だった。

カード審査が落ちてもお金を作る方法があった

その私が、ある方法を知ってお金にすることができたのだ。

それはクレジットカードショッピング枠現金化というものだった。

この方法は、急な現金の必要性が生じた場合や、消費者金融などの貸金業者を利用しないで借り入れを行いたい場合などに、有効となる方法であると知ったのは後のことだった。

これについて、どのような流れで現金化が進むのかをまとめたので、お読みいただきたい。

クレジットカード現金化 は2種類の方法に分かれる

まずクレジット現金化サービスは大きく分けて「キャッシュバックサービス」「買い取りサービス」に分かれる。

「買い取りサービス」とは"金券ショップ"のイメージと近いと思ってほしい。

今回の記事では、その「買い取りサービス」に絞って説明をしていきたい。

クレジットカード現金化 、買取業者を使う場合

まずは、クレジットカードショッピング枠を買い取ってくれる現金化業者へコンタクトをとるところから始まる。

買い取り式は、宅配型と店舗受取り型に分かれる

買い取り業者は郵送で受け付ける「宅配タイプ」と実際の店舗に赴いてお金を受け取る「店舗タイプ」がある。

体験談なので、ここでは「店舗タイプ」を説明させていただく。

店舗を構えている業者は、実際にスタッフに会って話しをすることも可能である。

そこで「現金が欲しいので、買い取りをお願いしたい」と依頼すると、クレジットカードショッピング枠で購入する商品が指定される。

指定される商品を購入する

指定される商品にはさまざまな種類のものがあるが、近年増えているのは「新幹線の回数券」「商品券」「電子マネー」である。

しかし商品券、電子マネー、新幹線の回数券なら何でもよいわけではなく、金額まで現金化業者が厳密に指定するので、それとまったく同じものを購入する必要がある。

次に、実際に新幹線のチケット売り場に行き、クレジットカードショッピング枠を使用して、指定されたものと同じ新幹線の回数券を購入する。

また、商品券はショッピングモールや百貨店に行って購入。

電子マネーは、コンビニなどで購入。

この時、念のために領収証を受け取っておくとよい。

一か所では終わらず何か所もまわるので想像以上に疲れた

とても歩き回って疲れたが、私は都内にいたので2時間くらいで済んだことが幸いか。

その後、買い取り業者の店舗へ戻り、新幹線回数券・電子マネー・商品券を渡す。

すると、その業者がその新幹線の回数券・電子マネー・商品券などを買い取って現金を渡してくれる。

これで、現金化が完了する。

上記一連の流れが「買い取りサービス」を通じて、実質借り入れと同じことができる。

商取引なので担保能力を審査されない

しかし、この商慣習スキームの中では、貸金業者は一度も登場せず、担保能力を審査されることもない。

そのため、業者に対して自らの与信情報を渡す場面がないことは大きなメリットだ。

自らのプライバシーを守ったうえで、お金をつくることが可能となるので、非常に安心度の高い方法である。

一般的な消費者金融業者を使用して行う借り入れの場合は、個人情報だけでなく与信能力なども厳密に審査されるため、そのような個人情報が金融業者のリストに掲載されてしまうというリスクがある。

金融業者とは似て非なるクレジットカード現金化 業者

クレジットカードショッピング枠を使った「店舗型の現金化サービス」は実質価値のある商品の買い取り行っているので、金融業者とは全く異なる性質の業者である。

実際に、このような買い取りサービスを提供する業者は、貸し金業者ではなく、古物商の業者であることが多い。

古物商が行うことで取引上の問題が起きない

古物商の業者とは、「質屋」「金券ショップ」「リサイクルショップ」など中古品を売買する資格を持った人やお店のことを指す。

しかも、買い取り対象となる商品自体に、実質的な価値があるために、取引き上の問題となるポイントが存在しない。

お支払いはふつうのお買い物と同じ

クレジットカード会社からは、翌月に代金請求および引き落とし行われるため、通常のクレジットカードの利用と異なることはなく、以後もそのクレジットカードを継続して利用することが可能である。

買い取り式の現金化業者に潜む利用のリスクとデメリット

しかしながら、新幹線の回数券のみを大量に購入し続けるような不自然な使用があると利用停止を受ける場合が必要があるので、注意が必要である。

また、「買い取り式」の場合、店舗に赴く必要があるため、場所や時間の制約をうけることも覚えておきたい。

買うところも指定されることがあるため、思った以上に遠くて時間や足を運ぶ労力は結構大変なことは頭に入れておいた方がいい。

これは利用してみてはじめてわかったことだ。

そして1番注意したいのが「店舗型は悪徳業者」が少なからず存在することだ。

被害事例は

「説明を受けた後、キャンセルしようとすると急に態度が変化しコワい人たちが出てきた。」

「実際渡された金額が違う」

「利用するまで帰してもらえない」

「脅迫された」

など、出くわしたくないものばかりである。

幸い私は出会わなかったが、地域によって優良と悪徳の差が激しいようなので気を付けなければいけない。

また、最大のデメリットとして店舗まで赴く必要があるため、いつでもどこでもできるわけではない。

土日対応していない店舗も多く、営業時間も早くて17時で終わってしまう。

交通費も自分で持たなければならないことも遠方の方は考慮したい。

「店舗型の買い取りサービス」は、地域によって現金化業者の方針が異なってくるため、安易に考えるのは危険だ

そのため労力を考えると、どうしても負担が大きいのはやむを得ないだろう。

行動時間:とてもかかる
 長い★☆☆☆☆短い
安全性:店による
 低い★★★☆☆高い
入金時間:早い(物々交換)
 遅い★★★★★早い
実質還元率:30~55%
 安い★★★☆☆高い
難易度:ややむずかしい
 簡単★★★☆☆ムズい

合計:15点/25点中

プラスポイントは、物々交換のためその場で現金が手に入ること。

マイナスポイントは、場所や時間の制約、お店によっては不良がやっていて帰れなくなるリスクがある、来店の必要などがあること。

もし、近くにそういう店舗がない、お店に行くのが面倒、時間を取られたくない、なるべく簡単がいい方は、ネットからすぐに申し込み24時間スグお振込みできるキャッシュバックサービス」型を採用している会社を選ぶのも一つの手です。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

新着・更新記事ベスト10

今すぐ読みたい人気ランキング

クレジットカード現金化記事ランキング

クレジットカードニュースの数ある記事のうち最も読まれている人気カード現金化記事を発表

数ある中から最も読まれている総合ランキングを大公開!

ショッピング枠現金化は、あなたの悩みに即時振込、即時現金化で即効アプローチ!

カード現金化特集コンテンツ

数ある記事の中から記者がイチ押す記事。

クレジットカード現金化ニュース」のトップコンテンツです。

クレジットカード現金化やショッピング枠現金化にまつわる、細かいテクニックや「あっ」と驚く方法を見つけて紹介する編集者オススメ記事です。

クレジットカード現金化ニュースの全記事からピックアップ!

カテゴリ別オススメ記事

下のカテゴリボタンをタップするとカテゴリごとにタブが切り替わります。

よければシェア・フォローお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ(*^▽^*)

Feedly|follow us in feedly RSSやATOMフィードはこちら