クレジットカード現金化最強の裏ワザ | 商品返品

記事作成日: 2016年11月15日
クレジットカード現金化最強の裏ワザ | 商品返品

クレジットカード現金化禁断の裏ワザ

クレジットカード現金化の裏技的な方法を紹介しましょう。

以前記事にした【裏ワザ】換金率100%!?驚異の最強現金化テクニックを公開で紹介した方法は、条件さえ合えば何回でもできます。

しかし、条件が合わない方も多く万人ができるものではありませんでした。

しかし今回紹介する方法は、条件のハードルがもっと低くなるので多くの方が実践に移せる手法と言えましょう。

クレジットカード専門現金化業者と比べるとやはり見劣りするものの、使えることは実証済み。

正直者には向いてません

後述しますが、この方法は精神的に心臓が強い方でなければ行動には移せませんので、ウソをつけない、すぐバレてしまう、精神に余裕がない方はお勧めできません

それでは紹介します、その裏ワザの方法とは...

ズバリ!クレジットカードで購入したモノを返品する」という方法です。

返品すると現金で返される返金システムを利用

クレジットカードで購入したものをお店に返品すると、お店は現金返金するしかありません。

そのため、クレジットカードで高価なモノを買い、返品することで多くの現金を手にすることができるのです。

あの激安で有名な鳥をイメージした店舗でできる!?

記者からの寄稿は2016年8月です。

2016年11月時点では、あの激安で有名なペンギンがマスコットの全国展開する大手ディスカウントチェーン「ド〇・キホーテ」でできます。

ペンギンの店は返品に対して返金する方法を行っている

「ド〇・キホーテ」クレジットカードで購入した商品が返品された場合、現金で返金する場合が多いです。

しかし、購入直後に商品を返品しても、クレジットカード会社に送る情報をキャンセル処理することができるため、クレジットショッピング枠が戻るだけで現金は手に入りません。

そのため、現金化したい場合は購入した翌日に昨日のレシートと共に返品しに行くことです。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

商品返品を使ったクレジットカード現金化にはリスクはないのでしょうか?

さてここまでは順調に来ました。

しかしこのままこれだけで終わりでしょうか?

否、そうではありません。

やはり、このような順調に進んでいくと必ず壁はあるものです。

何のリスクもやらなければみんなやるはずです。

そこには、躊躇してしまうような何かがあるからこそ、今でもこの手法が生き残ってる理由と言えましょう。

そう、現金化に伴うデメリットが

クレジットカード現金化時に伴う可能性がままあるデメリットが。

デメリットその1 精神的に堪える

まず一つ目のデメリットが羞恥心(プライド)です。

羞恥心(プライド)がズタズタに

ここまでお読みになっていると分かるかと思いますが、このテクニック正直ひじょうにセコいんです。Oh Stinginess!!

自分以外誰も得することのない手法なので、とにかく嫌がられます!

そのため、現金化行為をするには相当な厚顔でいる必要があることを頭に入れておきましょう。

平気で土下座できるような人でないと耐えられない、やるせない屈辱感が襲ってきます。

プライドがある方はここで挫折してしまうでしょうね。

とは、言っても精神的なものなので、心臓が強い人は次のステップへ進めます。

デメリットその2 利用規約違反による利用停止措置など

もう一つ、商品返品を利用するクレジットカード現金化には大きなデメリットがあります。

それは、クレジットカード会社の利用規約に抵触してしまうことです。

クレジットカード会社換金目的でショッピング枠を利用することを禁止しています。

そのため、カード会社は利用規約違反を見逃さないよう目をはっています。

この手法を実行しようとしている方の大半は、クレジットカードを現金化したい人なのではっきり言ってしまうと換金目的」と言えましょう。

見つかるか見つからないかは別として、まさに、その時点で利用規約違反になるわけです。

これだけは覆しようのない圧倒的事実です。

デメリットその3 手法の認知度アップ

そのため、商品返品を利用したクレジットカード現金化手法が換金目的に取られないとは限りません

このサイトで情報を公開してしまったのですから。

当サイトはおかげさまで多くの皆様が来てくださっています。

その多くの皆様と情報を共有することで、月日が経つとともに情報の認知度はアップしていきます。

知名度がアップするということは相対的に色々な人に拡散されるわけで、もちろんそれはクレジットカード会社も含まれてくるでしょう。

そして、商品返品を利用したクレジットカード現金化手法が対策されるかもしれません。

とは言っても、少額で正当な理由を持っていれば全く問題ないことでもあります。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

安全性が高いのは3万円未満の1回のみ

クレジットカードで購入した商品を返品するという方法を何度も行っていると、店舗からは非常に面倒な客だと扱われ、嫌な顔をされてしまうことでしょう。

また、返品処理に伴う記録がクレジットカード会社に残りますので、何回も返品すると不自然な行動と取られかねません。

あなたがクレジットカード会社の立場だったらどう思いますか?

Aさんのカード利用記録はド〇・キホーテで購入した高額商品がいつも返品処理されているとしたら?

怪しいですよね。

人間の私やあなたがそう思う位です。

機械であるクレジットカードの検知システムが見逃さないわけありません。

検知システムの人工知能(AI)は人間の能力を一部でははるかに超えています

昨今では、チェスや囲碁や将棋のトッププロたちを倒したことで話題になっている人工知能(AI)を使ったシステムがあるように、人間の能力をはるかに超える驚異的なシステムが開発されています。

検知システムは商品のカテゴリごとに平均返品率と言われる指標があり、この指標を大きく逸脱したかい離率の高いデータをピックアップして管理者に通達します。

今まで何十年と取ってきた行動データの統計から得たものなので信頼性の高いデータと言えます。

この利用記録は5年以上残ります。

そのため、何回もできるものではありません。

もし、1年に5回とか行っていたら怪しすぎますし、その前にカード会社からあなたへ連絡があることでしょう

おかしい商品を買っていませんか?

あなたの普段のクレジットカードの利用状況にもよります。

今までの利用履歴から見て返品する商品はおかしくないですか?

おかしい例えを出すと、

女性のクレジットカードで男性が使うようなものを購入した。

普段購入することのないジャンルの商品を購入した。

カードをまったく利用していなかったのに突然高額商品をクレジットカードを使って購入した

などです。

3万以上の大きな額を返品する場合は、カード会社による正当な理由の確認があなたのもとへ来る確率を高めます。

そのため、クレジットカード1枚につき1回のみ、返品する商品価格は2万9千円以下の方が安全性が高いと言えましょう。

現金化はどんなに早くとも2日以上かかります

また、この商品返品を利用したクレジットカード現金化は、特性上1日で手に入れることはできません。

早くとも翌日以降と2日以上かかってくることを覚えておきましょう。

今すぐ必要と言う方には向いていませんし、返金を受け取る上限制約などあるものの、最短2日でできるのでイザと言うときに使える裏ワザでした。

もし、あなたが手間をかけず安全性を取りたいのであれば、お一人ではなく専門の現金化業者を利用することをお勧めします。

今スグ現金化できる!クレジットかカード現金化専門店ならでは様々な強み

クレジットカードで手軽に現金化できる

特色:年中無休・土日祝日対応・来店不要・多くの銀行が閉まる15時以降でも自宅やお好きな場所で入金確認できる。

特徴:高還元率・高換金率・入金まで最速3分・審査不要・現金化1万円~300万以上と幅広くできます

専門店ならではの様々な強みが発揮されますので、1つのクレジットカードで何回でも安全でスムーズに現金化を行うことが可能になります。

クレジットカード現金化を安全に安心してご利用いただけるよう、当サイトが策定した優良業者チェックを行い厳選された現金化業者をランキング形式で紹介しております。

どこを利用しようか迷った時の判断材料にぜひご活用ください。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

新着・更新記事ベスト10

今すぐ読みたい人気ランキング

クレジットカード現金化記事ランキング

クレジットカードニュースの数ある記事のうち最も読まれている人気カード現金化記事を発表

数ある中から最も読まれている総合ランキングを大公開!

ショッピング枠現金化は、あなたの悩みに即時振込、即時現金化で即効アプローチ!

カード現金化特集コンテンツ

数ある記事の中から記者がイチ押す記事。

クレジットカード現金化ニュース」のトップコンテンツです。

クレジットカード現金化やショッピング枠現金化にまつわる、細かいテクニックや「あっ」と驚く方法を見つけて紹介する編集者オススメ記事です。

クレジットカード現金化ニュースの全記事からピックアップ!

カテゴリ別オススメ記事

下のカテゴリボタンをタップするとカテゴリごとにタブが切り替わります。

読んでおきたい記事

掲載カテゴリー

その他読んでおけば尚安心なコンテンツ

よければシェア・フォローお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ(*^▽^*)

Feedly RSSやATOMフィードはこちら