alexa

お金がない人必見!クレジットカードでお金を作る時に覚えておきたいコト

お金がない人必見!クレジットカードでお金を作る時に覚えておきたいコト

クレジットカード現金化 は魅力がいっぱい

現金が必要な時も、だれでも簡単にお金が入る方法とは?

数多くの「現金の作り方」の中で、「確実に現金を入手する方法」として、万人ができるとして話題沸騰のクレジットカード現金化 を紹介します。

お金を作る新たな一手として多くの利用者がいる、ショッピング枠現金化を完全攻略して、穏やかな生活を手に入れましょう。

こちらでも解説しております→クレジットカード現金化前に知っておきたい3選


クレジットカード現金化 の呼ばれ方は多種多様です

クレジットカード現金化 はさまざまな呼び名があります。

通称は、一例を挙げただけでも、クレジットカード現金化 ショッピング枠現金化カード現金化ショッピングカード現金化クレジットカードショッピング枠現金化カードショッピング枠現金化クレジット現金化クレジット枠現金化クレジットカード枠現金化クレカ現金化クレカショッピング枠現金化お買い物枠現金化現金化クレジットカード現金化ショッピング枠現金化クレジット現金化カードなどなど、実にさまざまな呼び方をされています。

共通しているのは、「現金化」と言う言葉だけです。

ショッピング枠も、お買い物枠も実際のところクレジットカードの機能の一つです。

そこで、現金化とクレジットカード関連の名称であれば、すべてクレジットカードを使った現金化方法の「クレジットカード現金化 」と言えましょう。

クレジットカードが主流の時代がもう間もなく訪れます

lifehackerの記事によると、今後2020オリンピックに向けてキャッシュレス化の動きになるようです。

現状では

【日本の中堅企業】
現金53%、クレジットカード10%、電子決済(クレジットカード除く)7%、小切手16%、そのほか14%

【アメリカ】
現金13%、クレジットカード29%、電子決済(クレジットカード除く)18%、小切手16%、そのほか6%

【ドイツ】
現金15%、クレジットカード24%、電子決済(クレジットカード除く)27%、小切手13%、そのほか20%

*アメリカン・エキスプレス世界7カ国中堅企業調査(2014年)より
引用:2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

ですが、キャッシュレス化の普及により、今後日本でも、クレジットカードの支払いが現金より多くなる日が来るかもしれません。

来たるキャッシュレス時代に備えて、現金の次にとってかわるであろうクレジットカードを持つことは、今後間違いなく必須になっていくものでしょう。

そして、次の時代の波に乗るためにも、持っていないならすぐにクレジットカードを申し込むべきでしょう。

無料のクレジットカードを作るとお金がもらえる!?

年会費無料のクレジットカードも多く出ているので、無料であれば複数申し込んでおきましょう。

ある分には、のちのちいざと言うときか間違いないものとなってくるはずです。

楽天カードなどは、とてもお得です。

永年無料のクレジットカードを作ると実質5000円~1万円をもらえたりしますので、このような入会特典を利用すれば無料どころか、プラスアルファ+αにだってなりえます。

クレジットカードの隠れた魅力

クレジットカード現金化 に使えるクレジットカードの多くは、持っているだけで様々な特典を受けることができます。

以下一例をあげると

旅行代金や航空券のキャンセル

直前の旅行やフライトのキャンセルでは航空会社や旅行会社から払い戻ししてもらえないケースがあるが、米クレジットカードでは年1000米ドル~2000米ドルの範囲で補償してくれる。
日本のカード会社で似ているサービスとしては、JALカードやANAカードに、当日の変更が可能な航空券を購入できる、というものがあります。

レンタカーの保険

米クレジットカードにはレンタカーの保険サービスが付いている。
追加の保険に加入する必要はない。
日本のクレジットカードでは国内外の提携先でレンタカー料金が割引になるケースが多いです。

家電などの保証

家電やAV機器などの保証期間をメーカー保証の2倍にできる。
日本では家電量販店が発行するカードに、同様のサービスがあります(例:ヤマダ電機、デオデオ)。

引用:クレジットカードの隠れたメリットを使いこなそう

などがあげられるなど、豊富な魅力を備えています。

このデータはアメリカンエキスプレス(american express)発行の情報ですが、ビザカードやマスターカード、JCBカード、ダイナースカードとのクレジットカード比較談としても、概ね同一のレポート結果になっています。

クレジットカードが主流の支払い方法に

3万円以上のお買い物、クレジットカードを利用する人は57.5%、10万円では67.2%と圧倒的!

SMBCコンシューマーファイナンス調べ 初デートの財布の中身 20代男性は平均2.8万円 恋人へのクリスマスプレゼント 平均予算は2.1万円 年収400万円で結婚に前向きになれる男性は4割〜20代の金銭感覚についての意識調査2016〜


支払い手段を選ぶか聞いたところ、小さな金額の買い物では「現金」、

大きな買い物の金額では「クレジットカード」が多くなり、

100円〜1,000円の買い物では「現金」が7割台(100円78.8%、500円73.2%、1,000円71.4%)、

3万円以上は「現金」よりも「クレジットカード」が多くなり、

3万円では「現金」45.2%に対して「クレジットカード」49.6%、

5万円では「現金」36.9%、

クレジットカード」57.5%、10万円では「現金」32.1%、

「クレジットカード」62.7%となりました。

また、「電子マネー」を選ぶ割合に注目すると、1,000円以下では現金に次いで選ぶ割合が高く、100円では18.2%、

500円では21.6%、1,000円では18.3%となりました。

電子マネーは現金払いに近い感覚で利用されているのではないでしょうか。

この記事からもわかる通り、いまや若者の約7割がクレジットカードを利用していることから、1枚は必須で持っておくべきと言えましょう。

クレジットカード現金化 は、キャッシング枠を使いません

詳しい解説はこちら→カード枠現金化とは?はじめての方も経験者も知っておきたいカード枠現金化のすべて

お金を直接借りる「キャッシング」や「借り入れ」は使わず、ショッピング枠を現金化する、クレジットカードショッピング枠現金化なのでキャッシングできない方でも安心です。

お金を作るキャッシングや借り入れとは異なり、ショッピング枠を現金化するので「お金を作る方法」と言った方が正しいと言えましょう。

クレジットカードはショッピングを主にするため、ショッピング枠が必ずついてきます。

一般的カードでは、1枚で最低30万円~のショッピング枠がついています。

クレジットカード現金化 は、この最低30万円~のショッピング枠をすべて現金化することができます。

クレジットカードを複数枚持っていた場合は、その枚数分の現金化を行うことができます。

例えば、30万円のショッピング枠が付いたクレジットカードを3枚持っていたとしましょう。

この場合、30万円×3枚=90万円まで現金化することができます。

この様に、1枚では不可能な金額でも、複数枚のクレジットカードを使いこなすことにより約100万円の枠を現金化に利用することができるのも大きな魅力です。

現金化できる単位は1万円から

クレジットカード現金化 業者を使うと、1万円からと手軽に現金化できます、

1万円現金化2万円現金化3万円現金化5万円現金化7万円現金化10万円現金化15万円現金化30万円現金化50万円現金化100万円現金化300万円以上の現金化、はたまた一億円の現金化と、クレジットカード大口現金化も可能な、とても幅広い要望に応えられます。

法人クレジットカード現金化 は大口も可能

さらに法人用クレジットカード現金化 なら、個人カードより現金化できる上限がさらにアップ。

300万円事業用つなぎ資金法人カード現金化で作られた実績もございます。

クレジット現金化を成功させるコツ

【リスク回避】クレジットカードを使って現金化した時のリスクと回避方法を徹底解説

初めての方は、安全性や安心さの観点から、できるかぎり「クレジットカード現金化 老舗業者」を利用するようにしましょう。

認定された公式業者であれば尚安全で確実に現金化できるのでお勧めです。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

新着・更新記事ベスト10

属しているカテゴリ

関連する記事

属しているカテゴリ

関連する記事

カテゴリ

人気コンテンツ

その他のお得ページ

Feedly|follow us in feedly RSSやATOMフィードはこちら