alexa

全部暴露!クレジットカード現金化業者は、なぜ免許以外のカード情報写真を求めてくるのか?

全部暴露!クレジットカード現金化業者は、なぜ免許以外のカード情報写真を求めてくるのか?

なぜカード情報を聞いてくる?

クレジットカードのショッピング枠で現金化する業者の中で利用の際、免許以外の情報を求めてくる場合があります。

確認されているモノでは、

・免許を持っている本人の写真。

・クレジットカードの前面の写真

・クレジットカードの裏の写真 

・勤務先

・年収

・家族構成

・借り入れ状況などの聞き込み

です。

その他、勤務先や年収など聞いてくることもあります。

なぜ現金化業者は多くの情報を求めてくるのでしょうか?

ここで、すべて正直に暴露しますので心の準備をお願いします。

現金化業者がカード情報を求めてくる本当のワケ

その理由は、利用者が債務不履行にならない様にするためです。

クレジットカード現金化と言っても、形を変えた借金です。

商品代金と言う形で、毎月支払い(返済)することには変わりません。

支払できなくなることは誰もが避けたい!

支払えず債務不履行になってしまえば、クレジットカード会社の丸損になります。

クレジットカード発行会社にとっては、損しかないので、ショッピング枠の現金化を規約違反にしているわけです。

リスクに比例した手数料が必要

またクレジットカード発行会社と契約している決済会社にもリスクになります。

債務不履行になれば、決済会社ごとに事故扱いとしてカウントされます。

この事故がある一定の割合で発生すると、決済会社の決済事業の資格がはく奪されます。

クレジットカード現金化を行うショッピング枠現金化業者は、クレジットカードブランドや発行会社と直接契約は結べませんので、カード決済会社と結託する必要があります。

決済会社もリスクをに比例して、手数料を上げたり、最悪契約を破棄したりします。


カード現金化業者にとっての命綱なので、なるべく事故を起こさないようにします。

カード現金化業者の多くは、別会社が持つ指定したショッピングサイト(ECサイト)で購入したモノに限定して、買取やキャッシュバックの方法を使い現金化を実現します。

もし、債務不履行に落ちる事故が起きたら当然、事故カウントされます。

先ほど上述した通り、事故カウントがある一定の割合に達すると、利用停止、最悪契約破棄となります。

業者にとっては死活問題に直結するので、当然ながら、債務不履行に陥る可能性がある方のチェックをして、「審査する」わけです。

その一環として、カードの両面の画像提出や、本人が持っている写真を送らせる行為をして、心理的に「債務不履行になるんじゃねーぞ」とプレッシャーをかけるのです。

勤務先や年収や家族構成を聞いてくるのもこのためです。

利用者としては、何に使われるかわからないし、もしかしたら個人情報を悪用されるかもしれません。

そのプレッシャーから、この現金化業者の利用分は、しっかり返済しようと心がけるようになります。


これが、業者が個人情報屋それ以外の情報を聞いてくる本当の真実です。


いかがでしたでしょうか?

カード現金化経験者なら当たり前と分かっていても、はじめての方はやはり不安になりましょう。

上述した内容であくまで優良店に限ったことで、中には本当に悪用するヒドイ業者も存在するので、全部が全部信じ切って情報をダダ流しすることは止めましょう。

気になった方は、なんでそれが必要なのか聞いてみるのも一つの手です。

まずはこちらカード枠現金化とは?はじめての方も経験者も知っておきたいカード枠現金化のすべてで詳しく解説しています。


もし心配したくない方は、あなたの不安や悩みを解決するクレジットカード現金化優良店人気ランキングを比較、ご参考ください。

換金率、還元率、振込スピード共に業界最高値!優良認定済みのクレジットカード現金化業者ランキングはこちら

新着・更新記事ベスト10

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://genkinka-news.com/MT/mt-tb.cgi/77

属しているカテゴリ

関連する記事

属しているカテゴリ

関連する記事

カテゴリ

人気コンテンツ

その他のお得ページ

Feedly|follow us in feedly RSSやATOMフィードはこちら